• HOME
  • 3つの賠償基準

3つの賠償基準

交通事故の賠償には、3つの賠償基準があります。
 
「保険会社から示談の提案がきたんだけど、よくわからない」
という相談が多くよせられます。 
 
交通事故による怪我の治療が進み、保険会社から示談の金額について提案されることがあります。
 
しかし、保険会社が提示してくる示談金は必ずしも正しいものでありません。 
 
保険会社から示談金を提示されると、それが正しい金額であると思い込んでしまう方が多くいらっしゃいますが、このような誤解をすると大変なことになります。
 
たとえば、実際の事例で、
怪我の治療が進み、症状が固定した段階(ただし、後遺症認定なし)で、保険会社が提示してきたのは示談金額66万円でした。
 
しかし、当事務所が事件を受任し、保険会社と交渉したところ、示談金額113万円で、 決着が付きました。
 
賠償金額が約2倍に上がったのです。
 
これはめずらしいことではありません。
 
なぜこんなことが起こるのでしょうか?
 
交通事故の損害賠償額の算定基準には「自賠責保険」「任意保険」「裁判」の3つの基準があります。
賠償額は「裁判」>「任意保険」>「自賠責保険」の順に高くなります。
 
どの算定基準を採用するかにより、受け取ることができる賠償額は大きく異なります。
 
保険会社が提示してくる示談金額は「裁判基準」ではありません。
任意保険会社は「任意保険基準」に従った額を提示してきます。場合によっては、一番低額な「自賠責基準」と同じ額を提示してくる場合もあります。
 
しかし、本来被害者は一番金額の高い「裁判基準」で賠償額をもらえるのです。
これを知らずに保険会社の提示してきた通りの金額で同意してしまうと、本来もらえるはずだった金額よりも大幅に少なくなってしまうのです。これでは、被害者は金銭的に適切な賠償を受けることができません。
 
被害者としては、あくまでも適正な金額で賠償を受けるためには、保険会社から提示された金額が妥当であるのか、弁護士に相談する必要があります。その上で、保険会社の提示が適切ではないと判明したら、早急に弁護士に交渉を依頼して、裁判基準での賠償を受けることをおすすめします。

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス