• HOME
  • 解決事例
  • 42546)いきなり車線変更をしてきた車が自車の側面に衝突し、むち打ちや右手関節捻挫となった事例

いきなり車線変更をしてきた車が自車の側面に衝突し、むち打ちや右手関節捻挫となった事例

 

 

1.事故状況

 

  Aさんが二車線の道路を直進していたところ、左側の車線を走行していた車が、ウインカーも出さずにいきなり車線変更をしようとして、Aさんの車の左側面に衝突しました。

  この事故で、Aさんは頚椎捻挫、右手関節捻挫の怪我を負いました。Aさんは、整形外科や鍼灸院で治療を続けました。

 

 

2.相談のきっかけ

 

  事故から4か月経過したときに、相手側保険会社の担当者から、もう一ヶ月で保険を使っての治療を打ち切るとの通告がありました。

  Aさんとしては、痛みも残っていて仕事も十分にできない状態で、治療を打ち切ると宣告され、困り果てました。 

  Aさんは相談できる人を探し、ホームページで当事務所のことを知って、相談に来られました。弁護士と面談の後、Aさんは加入していた自分の任意保険の弁護士特約を使って、相手側保険会社との交渉を弁護士に委任されました。

 

 

3.弁護士の活動

 

  弁護士は、Aさんの委任を受け、直ちに相手側保険会社に受任の通知を送り、交通事故証明書、治療のカルテ、事故後の双方の写真、事故状況のわかる資料などを請求しました。

  弁護士は更に相手側保険会社の担当者に対し、Aさんの治療の継続を求め、1か月の治療の延長を認めさせました。

  Aさんは、6か月の通院治療で症状固定となり、弁護士は自賠責調査事務所に対し後遺障害認定の申請を行いました。

  残念ながら後遺症は認定されませんでしたが、弁護士は相手側保険会社と損害賠償金についての交渉を開始しました。

  当初、相手側保険会社は、過失割合を95:5と主張していましたが、弁護士は刑事記録を取り寄せて、相手側保険会社と粘り強く交渉した結果、Aさんの無過失(100:0)を認めさせました。

 

 

4.弁護士関与の成果

 

  損害賠償金額の内訳は

     治療費、交通費等           51万円

     休業損害                  9万円

     通院慰謝料               86万円  

        小計                 146万円

 

 

5.弁護士の所感

 

  Aさんは自営業でしたので、事故による首と手首の痛みが長引き仕事に差し支えていたのに、相手側保険会社から治療打ち切りを通告され困惑されていました。

  通常、被害者が直接交渉しても、保険会社は治療継続には同意しません。このような時は、経験やノウハウを持った弁護士を通じて交渉する方が、良い結果を得ることが多いのです。Aさんも治療の延長が求められ喜んでおられました。

   自動車保険の弁護士特約に加入していると、相手側保険会社とのストレスが溜まる交渉を弁護士に委ねることができます。

   相手側保険会社との煩わしい交渉は、被害者にとっては事故の二次災害ともいえます。弁護士としては、弁護士特約に加入されて、万一の時には早期に弁護士に相談されることをお薦めします。

 

 

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス