• HOME
  • 解決事例
  • 信号待ちで追突されむち打ちや腰部挫傷となり、14級の後遺障害が認定された事例

信号待ちで追突されむち打ちや腰部挫傷となり、14級の後遺障害が認定された事例

 

 

1.事故状況

 

  Aさんが赤信号で停車していたところ、後方より追突されました。この事故でAさんの車は大きく損傷し、Aさんは頚部挫傷、腰部挫傷の障害を負い、左顔面のしびれ、頚部や腰部に強い痛みを感じ、病院での治療を開始しました。

  事故後6ヶ月で相手側保険会社は治療の打ち切りを通告してきましたが、Aさんは医師の診断書を提出して、治療の継続を認めさせていました。

 

 

2.相談のきっかけ

 

  Aさんはめまいや不眠が続き、今後の保険会社との交渉をどのように進めたらよいかがよくわからないので、当事務所のホームページを見て、弁護士に相談するために来所されました。

 

 

3.弁護士の活動

 

  Aさんの相談を受けた弁護士は、直ちに相手側保険会社に受任通知を送り、Aさんの事故に関する事故証明、診断書、レセプト、事故車両の写真等の関係書類一式を請求し、受領しました。

 

  Aさんの症状はなかなか回復せず、弁護士は保険会社と治療期間延長について交渉し、最終的にAさんは事故後1年1ヶ月で症状固定となりました。

 

  Aさんの症状固定後も、頚部の痛み、頭痛、耳鳴り、めまい、ふらつき、目の疲労視力障害、腕の筋力の低下・痛みなどの症状が続いていたので、弁護士は後遺症認定の被害者請求を行うことにしました。

 

  弁護士は被害者請求に先立ち、治療に当たった医師に後遺症診断書作成項目のキーポイントを伝えて、自賠責調査事務所できちんと判断して貰えるように対応しました。

  弁護士は、MRIやCTの画像診断についての資料も調えて、自賠責損害調査事務所に対して、Aさんの後遺症認定の被害者請求を行いました。

 

  審査の結果、「局部に神経症状を残すもの」として14級の後遺障害が認められました。


 

4.弁護士関与の成果

 

  弁護士は、後遺障害認定を受けて、直ちに相手側保険会社との損害賠償の交渉を開始しました。

 

  損害賠償金額の内訳は

     治療費、交通費等          209万円

     休業損害                79万円

     逸失利益                40万円

     通院慰謝料              120万円

     後遺障害慰謝料(14級)       110万円  

           小計            558万円

 

 

5.弁護士の所感

 

  Aさんは追突されて1年以上の治療を余儀なくされた上に、さまざまな後遺症に悩まされました。相手側保険会社と交渉して、大幅に治療期間を延長させましたが、完全に治癒するまでには至りませんでした。

 

  日々の生活において頭痛、めまいなどは非常に不快であり、当事者にとっては大きな被害です。しかし、これらの症状は画像やデータには反映されにくく、後遺症の認定においては不利になります。ただ本件では、Aさんの症状や経過を丁寧に説明することによって、自賠責調査事務所により後遺症の認定を受けることができました。

 

  どれほど慰謝料を貰っても、被害者としては損害が償われたとは思えませんが、弁護士としては、少しでも多くの損害賠償額を獲得して、被害者の気持ちが穏やかになって貰えるよう努力しています。

 

 

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス