• HOME
  • 解決事例
  • バイクで走行中、狭い道から出てきた車に衝突され大腿骨や肋骨を骨折、14級の後遺障害が認定された事例

バイクで走行中、狭い道から出てきた車に衝突され大腿骨や肋骨を骨折、14級の後遺障害が認定された事例

 

 

1.事故状況

 

  AさんがバイクでT字型の交差点に差し掛かったところ、狭い道から出てきた車に出合い頭に衝突しました。この事故で、Aさんは左大腿骨頸部、右肋骨、右腸骨を骨折、頭部打撲、顔面挫傷の負傷をしました。

  Aさんは1月余り入院し手術を受け、その後2ヶ月半の通院で症状固定となりました。その後加害者側保険会社が後遺障害の事前認定を申請し、14級の後遺障害が認定されました。

  後遺障害認定を受けて、加害者側保険会社はAさんに示談交渉を開始し、損害賠償額を提示しました。

 

 

2.相談のきっかけ

 

  Aさんは高齢のため、自分で加害者側保険会社と示談交渉をするのが困難なため、ご子息が当事務所をホームページで調べて相談に来られました。

  ご子息は弁護士と相談の後、ご子息の助言でAさんはこの件の解決を弁護士に委任されました。

 

 

3.弁護士の活動

 

  委任を受けて弁護士は、直ちに加害者側保険会社に対し、事故証明書、診断書、レセプト、事故概要、事故車両写真、現場写真、刑事記録、修理費明細等などの資料を請求しました。

  弁護士は、取り寄せた資料と加害者側保険会社の示談案を精査し、加害者側保険会社との示談交渉を開始しました。弁護士が確認すると、加害者側保険会社が提示した通院慰謝料、後遺障害慰謝料は、加害者側保険会社の内部規定により算出されているので非常に低い金額でした。

 

 

4.弁護士関与の成果

 

  弁護士は通院慰謝料、後遺障害慰謝料については弁護士会の基準で計算して請求しました。弁護士は、加害者側保険会社と厳しい交渉を行いました。

  その結果、治療費を除いた損害賠償金額は、当初の139万円から237万円に98万円増加(1.7倍)しました。

 

     損害賠償金額の内訳

                       当初提示額       弁護士による示談額 

      治療費、交通費等       42万円           48万円

      通院慰謝料           83万円          177万円

      後遺症慰謝料          75万円          110万円  

          小計           200万円          335万円

      過失相殺             -19万円          -50万円 

          合計             181万円          285万円

 

      

5.弁護士の所感

 

  損害賠償金の提示において、加害者側保険会社が提示する金額は自社の内部規定による金額です。これは通常弁護士が交渉で請求する金額や、裁判で決着するときの基準よりかなり低い水準です。

  したがって、加害者側保険会社が提示する損害賠償金額に疑問がある場合は、専門家である弁護士に相談されるのがよいでしょう。相手側の言い分に妥当性があるのかどうかをきちんと判断してから回答すべきです。

  自動車保険の弁護士特約を付けておられるのなら、交渉を弁護士に委任された方が良いと思います。早く示談を終わらせようと、強く迫ってくる加害者側保険会社と交渉するのは被害者にとって大きなストレスになります。

  弁護士は、事故や怪我や後遺症を多角的に分析して、被害者のための最善の方法を捜し、その実現のために最善の努力をします

 

 

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス