• HOME
  • 解決事例
  • バイクで走行中、脇道から飛び出してきた車に衝突され、14級の後遺障害を負った事例

バイクで走行中、脇道から飛び出してきた車に衝突され、14級の後遺障害を負った事例

 

1.事故状況

  Aさんがバイクで片側一車線道路左側を走行中、左前方の脇道からいきなり飛び出してきた車に衝突されました。

  この事故でAさんはバイクともども大きく飛ばされ、身体を強打し、右肋骨多発性骨折、外傷性頸部捻挫、両膝関節打撲傷、右肩関節拘縮の傷害を負いました。

  Aさんは病院へ救急搬送され、右肋骨骨折に対しコルセット固定がなされ、骨癒合が完成後は整形外科での治療・リハビリを継続しました。

 

 

2.相談のきっかけ

  事故後3か月を経過した頃、Aさんは当事務所のホームページをみて相談に来られました。Aさんは弁護士と面談の結果、今後の加害者側保険会社との交渉を弁護士に委任されました。

 

 

3.弁護士の活動

  委任を受けて弁護士は、弁護士は加害者側保険会社に対し、事故証明書、事故状況の説明書、双方事故車両の修理見積書や写真、診断書、レセプトなどの関係資料を請求しました。

  Aさんは弁護士に委任の後も、治療・リハビリを継続し、事故から8か月後に症状固定となりました。

  Aさんの自覚症状として、右上肢運動時の肩甲骨部の音や右肩関節可動域の制限がありました。医師の後遺症診断書では肩甲骨部のクリック音はCTで右肋骨の変形治によるものとされていました。

  弁護士は主治医の後遺障害診断書や画像データを揃え、自賠責損害調査事務所に後遺障害認定の被害者請求を行いました。

  弁護士は、事故の後遺症として肋骨の変形治癒による肩甲骨のクリック音と痛みや、右肩関節拘縮による右肩関節の可動域の制限などがあり、日常生活に支障が生じていると判断しました。

  弁護士は、肩甲骨のクリック音と痛みの残存は、「局部に頑固な神経症状を残すもの」に該当し、右肩関節の可動域制限については、「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として、いずれも12級の後遺障害に当たると主張しました。

  自賠責損害調査事務所は審査の結果、肋骨の骨折の状態、治療経過等を勘案して、「局部に神経症状を残すもの」として14級の後遺障害を認定しました。


 

4.弁護士関与の成果

  自賠責損害調査事務所の後遺障害等級認定を受けて、弁護士は加害者側保険会社と示談交渉を開始しました。

 

      損害賠償金額の内訳

         治療費、交通費等  56万円 
         付添監護費(配偶者分)    3万円 
         休業損害  100万円 
         逸失利益 (5%)   67万円 
         傷害慰謝料  142万円 
         後遺症慰謝料  110万円 
              合計  478万円 
         過失相殺 (10%)   48万円 
         損害賠償額  430万円 

 

 

5.弁護士の所感

  Aさんは主婦で、後遺症により毎日の家事作業に支障が出ていました。弁護士は休業損害や逸失利益の算定について加害者側保険会社と厳しい交渉を行い、可能な限りの額の損害賠償金を得ました。

  Aさんは事故の後、長期の治療を余儀なくされ、後遺症に悩まされていますが、納得できる額の損害賠償金が得られたことで、今後の生活を前向きに考えることができるようになられました。

  弁護士は、被害者の方が事故後の生活のスタートの際に、少しでも前向きな気持ちでいられるように、常に全力を尽くすことをモットーにしています。

 

 

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス