• HOME
  • 後遺障害の等級認定

後遺障害の等級認定

後遺障害の等級認定は、医師から症状固定と判断された後に「後遺障害診断書」を作成してもらい、損害保険料率算出機構の調査事務所に申請して等級認定が行われます。
 
後遺障害の等級認定は、後遺障害診断書をはじめとする書類での審査がほとんどであるため、医師に作成してもらう後遺障害診断書が極めて重要になります。
 
この後遺障害診断書の内容次第で、適正な等級認定を得ることができるかどうかが決まりますので、後遺障害診断書は、できる限り具体的に、かつ細かな点まで自身の症状について伝え、記載していただくようにすることが重要です
 
また、医師による画像所見と他覚的所見も重要です。後遺症診断書の作成にあたっては、MRIなど必ず画像をとってもらい、その所見を書いてもらいましょう。
その他、神経テストや関節可動域の記載など、他覚的所見もきっちりと書いてもらいましょう。
 
その他にも、後遺障害診断書の記載ポイントはいくつもあるので、まずは後遺障害に詳しい弁護士にご相談することをお勧めいたします。
 
後遺症の等級認定は、保険会社を通じてやってもらう場合もありますが(「事前認定」といいます)、当事務所では「被害者請求」の形で、独自に後遺症の申請をします。
これは、保険会社に事前認定を任せると楽ではありますが、保険会社が後遺症認定について消極的な意見書をつけたりすることがあり、適切な後遺症が認定されない場合が多々あるからです。
 

後遺障害等級表と労働能力喪失率

等級

自賠責保険

(共済)金額

労働能力喪失率

第1級

3,0004,000万円

100

第2級

2,5903,000万円

100

第3級

2,219万円

100

第4級

1,889万円

92

第5級

1,574万円

79

第6級

1,296万円

67

第7級

1,051万円

56

第8級

819万円

45

第9級

616万円

35

第10級

461万円

27

第11級

331万円

20

第12級

224万円

14

第13級

139万円

9

第14級

75万円

5

後遺障害の等級認定

後遺障害の等級認定は、医師から症状固定と判断された後に「後遺障害診断書」を作成してもらい、損害保険料率算出機構の調査事務所に申請して等級認定が行われます。
 
後遺障害の等級認定は、後遺障害診断書をはじめとする書類での審査がほとんどであるため、医師に作成してもらう後遺障害診断書が極めて重要になります。
 
この後遺障害診断書の内容次第で、適正な等級認定を得ることができるかどうかが決まりますので、後遺障害診断書は、できる限り具体的に、かつ細かな点まで自身の症状について伝え、記載していただくようにすることが重要です
 
また、医師による画像所見と他覚的所見も重要です。後遺症診断書の作成にあたっては、MRIなど必ず画像をとってもらい、その所見を書いてもらいましょう。
その他、神経テストや関節可動域の記載など、他覚的所見もきっちりと書いてもらいましょう。
 
その他にも、後遺障害診断書の記載ポイントはいくつもあるので、まずは後遺障害に詳しい弁護士にご相談することをお勧めいたします。
 
後遺症の等級認定は、保険会社を通じてやってもらう場合もありますが(「事前認定」といいます)、当事務所では「被害者請求」の形で、独自に後遺症の申請をします。
これは、保険会社に事前認定を任せると楽ではありますが、保険会社が後遺症認定について消極的な意見書をつけたりすることがあり、適切な後遺症が認定されない場合が多々あるからです。
 
 
 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス