• HOME
  • 後遺障害の種類

後遺障害の種類

交通事故が原因で負った怪我が、事故後に適切な治療を受けたにも関らず、「医学上、これ以上の回復が見込めない」と判断された症状を後遺障害(後遺症)と呼びます
 
交通事故における後遺障害(後遺症)は自賠法で規定されており、後遺障害等級1級~14級の140種類、35系列の後遺障害があると規定されています。

 

そして、それぞれに後遺障害を認める要件が決まっています。被害者の後遺症が、要件を満たしていれば、各等級の後遺症として認定されます。
逆に、後遺症として症状が残っていても、要件を満たしていなければ等級認定がされず、賠償金額には反映させることができません
 
数多く後遺障害自体はあるものの、交通事故における主な後遺障害は、特定の障害や身体の部位ごとに、以下のような形にまとめることができます。
 

主な後遺障害の分類

病状

症状

遷延性意識障害

重度の昏睡状態で植物状態とも言います。>>>詳しくはこちら

高次脳機能障害

脳の損傷による記憶障害、注意障害、認知障害など。>>>詳しくはこちら

脊髄損傷

中枢神経系である脊髄の損傷による障害、運動機能の喪失、知覚消失など。>>>詳しくはこちら

むちうち(むち打ち)

首・腰に痛みや痺れ、頭痛や肩こり、めまいなど。>>>詳しくはこちら

眼の後遺障害

視力障害、調節機能障害、運動障害、視野障害など。>>>詳しくはこちら

耳の後遺障害

聴力障害、欠損障害、耳鳴、耳漏など。>>>詳しくはこちら

鼻の後遺障害

嗅覚の脱失、欠損障害など。>>>詳しくはこちら

口の後遺障害

咀嚼・言語機能障害、歯牙の障害、嚥下障害・味覚の逸失・減退など。>>>詳しくはこちら

上肢(肩・腕)の後遺障害

上肢の欠損障害、骨折や脱臼、神経麻痺など。>>>詳しくはこちら

手の後遺障害

手指の欠損障害、手指の機能障害、手指の変形障害など。>>>詳しくはこちら

下肢の後遺障害

下肢の欠損障害、骨折や脱臼、神経麻痺など。>>>詳しくはこちら

足指の後遺障害

足指の欠損障害、足指の機能障害、足指の変形障害など。>>>詳しくはこちら

醜状の後遺障害

頭部の欠損、線状痕、瘢痕など。>>>詳しくはこちら

 

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス