• HOME
  • 眼の後遺障害について

眼の後遺障害について

交通事故が原因で、失明をしてしまったり、視力が低下するなど、眼に後遺障害を負ってしまうケースもあります。眼の後遺障害は①眼球の障害と②目瞼の障害の大きく2つに分類することが可能です。
 

眼の後遺障害の分類

①眼球の障害

視力障害、調節機能障害、運動障害、視野障害

②眼瞼の障害

欠損、運動障害

 

 眼球の後遺障害、眼瞼の後遺障害の認定基準はそれぞれ以下の通りになります。


①眼球の後遺障害の認定基準

1)視力障害

等級

 

 

認定基準

11

両目が失明したもの

21

1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの

22

両眼の視力が002以下になったもの

31

1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの

41

両眼の視力が006以下になったもの

51

1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの

61

両眼の視力が01以下になったもの

81

1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの

91

1眼が失明し、又は一眼の視力が0.02以下になったもの

92

両眼の視力が06以下になったもの

101

1眼の視力が01以下になったもの

131

1眼の視力が06以下になったもの

 

 

2)調節機能障害

等級

 

 

認定基準

 

 

111

両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの

121

1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの

 

 

3)運動障害

等級

 

 

認定基準

102

正面を見た場合に複視の症状を残すもの

111

両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの

121

1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの

132

正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの

 

 

4)視野障害 

等級

 

 

認定基準

93

両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

133

1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

 

②眼瞼の後遺障害の認定基準 

等級

 

 

認定基準

欠損に関すること

94

両目の瞼に著しい欠損を残すもの

113

1眼の瞼に著しい欠損を残すもの

運動障害に関すること

112

両眼の瞼に著しい運動障害を残すもの

122

1眼の瞼に著しい運動障害を残すもの

134

両眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの

141

1眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの

 

眼の後遺障害において、最も注意しなければならないことは、外傷に起因する他覚的所見によって、後遺障害の存在を証明しなければならないことです。

そのため、眼の後遺障害において、適正な後遺障害等級の認定を受けるためには、後遺障害に詳しい眼科の医師の下で通院をし、後遺障害診断書を作成して頂く事が重要になります。

 

また、眼の後遺障害においては、全てが眼球に怪我を負ってしまったことが原因で後遺障害が引き起こされていない場合もあります。眼の後遺障害の場合、交通事故が原因の頭部外傷によって視神経に影響が起こり、眼の後遺障害になることもあるのです。つまり、適正な眼の後遺障害の認定を受けるためには、眼科だけでなく、神経内科や脳神経外科での診察も必要になるのです。

 

このような点に十分注意しながら対応しなければ、眼の後遺障害において適正な等級認定を得ることは難しいと言えます。

 

 

当事務所では、眼に後遺障害が残る可能性がある場合、適正な後遺障害等級の認定を得るために必要な方針をご提案させていただきます。眼に後遺障害が残るかどうか分からない場合であっても、交通事故に遭って眼に怪我を負ってしまった場合にはお気軽にご相談下さい。

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス