• HOME
  • 手の後遺障害について

手の後遺障害について

 交通事故によって手に外傷を負い、後遺障害となってしまう場合もあります。

手の後遺障害は、例えば手指の欠損、手指の機能障害、骨折(⇒骨折についての解説はこちら)などがあげられます。この際、手指の欠損は、親指では第一関節のIPよりも先の部分、それ以外の他の指では、第二関節のPIPよりも先を失ったものになります。

 

手指の後遺障害の認定基準は以下の通りになります。

 

手指の後遺障害の認定基準について

①手指の欠損障害

等級

 

 

認定基準

35

両手の手指の全部を失ったもの

68

1手の5の手指又は親指を含み4の手指を失ったもの

76

1手の親指を含み3の手指又は親指以外の4の手指を失ったもの

83

1手の親指を含み2の手指又は親指以外の3の手指を失ったもの

912

1手の親指又は親指以外の2の手指を失ったもの

118

1手の人差し指、中指又は薬指を失ったもの

12級の9

1手の小指を失ったもの

137

1手の親指の指骨の一部を失ったもの

146

1手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

 

②手指の用廃

等級

 

 

認定基準

46

両手の手指の全部の用を廃したもの

77

1手の5の手指又は親指を含み4の手指の用を廃したもの

84

1手の親指を含み3の手指又は親指以外の4の手指の用を廃したもの

913

1手の親指を含み2の手指又は親指以外の3の手指の用を廃したもの

107

1手の親指又は親指以外の2の手指の用を廃したもの

1210

1手の人差し指、中指又は薬指の用を廃したもの

136

1手の小指の用を廃したもの

147

1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの

 

手指の全部の用を廃したものとは、親指ではIPより先、その他の指ではPIPより先の2分の1以上を失った物、また親指ではIPMPその他の指ではPIPMPのいずれかに正常可動域の2分の1以下に運動が制限されたものをいいます。

 

手の後遺障害について注意しなければならない点の1つには可動域の測定があります。

上肢の後遺障害同様に、手の後遺障害についても、可動域の測定を行った事がない医師や作業療法士もおり、

後遺障害診断書の作成においては、正しい状態を後遺障害診断書に記載して頂くためにも、手の後遺障害において可動域測定にノウハウを持った専門家のサポートが必要であるといえます。

 

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス