• HOME
  • 下肢の後遺障害について

下肢の後遺障害について

交通事故に遭うと足に後遺障害を負われてしまう場合があります。

下肢(股関節、膝関節、足関節)の3つの関節で構成されていますが、下肢の後遺障害は主に骨折(⇒骨折についての解説はこちら)や脱臼、神経損傷などによって後遺障害が引き起こされます

 

下肢の主な後遺障害の症状では、「骨癒合が不良である」、「骨折した下肢の長さが短縮した」、「足の可動域が制限されてしまった」などが挙げられます。

 

下肢の後遺障害の認定基準は以下の通りになります。

 

下肢の後遺障害の認定基準

①下肢の欠損障害

等級

 

 

認定基準

15

両下肢をひざ関節以上で失ったもの

24

両下肢を足関節以上で失ったもの

45

1下肢をひざ関節以上で失ったもの

47

両足をリスフラン関節以上で失ったもの

55

1下肢を足関節以上で失ったもの

78

1足をリスフラン関節以上で失ったもの

 

②機能障害

等級

 

 

認定基準

16

両下肢の用を全廃したもの

57

1下肢の用を全廃したもの

67

1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの

87

1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの

1011

1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

127

1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

 

「関節の機能に著しい障害を残すもの」とは、健側に比して患側の可動域が2分の1以下に制限されているもの、

「関節の機能に障害を残すもの」とは、健側に比して患側の可動域が4分の3以下に制限されているものをいいます。

 

膝の靱帯損傷により、膝が前後左右にグラグラした不安定な状態になる場合があり、「動揺関節」といいます。「動揺関節」については、動揺性(不安定性)の程度により、6級7号、10級11号または12級7号が認定されます。

 

③変形障害

等級

 

 

認定基準

710

1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

89

1下肢に偽関節を残すもの

128

長管骨に変形を残すもの

変形傷害の程度は、実質15°以上の変形があることをいいます。これだけ変形していると、外部からも確認てきるほどの変形となります。

 

④短縮障害

等級

 

 

認定基準

85

1下肢を5㎝以上短縮したもの

108

1下肢を3㎝以上短縮したもの

138

1下肢を1㎝以上短縮したもの

 

下肢の後遺障害の等級認定においては、上肢同様に可動域の制限が問題になるケースが多く、可動域の測定が非常に重要です。

可動域の測定が適正に行われなかったために、本来得られたであろう等級認定が得られない場合もあります。可動域の測定においては、可動域測定のノウハウを持った専門家のサポートが必要と言えます。

 

交通事故に遭い、ご自身やご家族の方が下肢にこのような症状をお持ちの場合、後遺障害を抱えられている可能性があります。

適正な後遺障害等級の認定を得るためには、個別に適切な対応方法を取らなければなりませんので、お気軽に当事務所までご相談下さい。

 

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス