• HOME
  • むち打ち損傷の症状

むち打ち損傷の症状

交通事故で、むち打ち損傷となると、受傷直後→急性期→亜急性期→慢性期にかけて症状が変遷していきます。
 

受傷直後

軽い脳しんとうと頸部軟組織損傷
自覚症状はありません
 ↓

急性期(受傷後数時間~1週間)

頸椎支持組織の損傷 
症状:頸部痛、圧迫感、緊張感、頭重感、頸椎運動制限、肩こり、吐き気、  
上肢シビレ感、腰痛など
 ↓

亜急性期(受傷後2~4週間以後)

症状:頭痛、めまい、悪心、耳・眠症状、上肢放散痛など
頸椎不安定性を原因として、バレー・リュウ症状が出現します
 ↓

慢性期

症状:頸部痛、頭痛、めまい、頭部・顔面領域のしびれ、眼症状、耳鳴り、難聴、吐き気、嘔吐、四肢症状、腰痛、自律神経症状、うつ状態 
 
事故直後は特に自覚症状がなくても、後で症状が現れることもあるので、事故が起こったら、すぐに整形外科を受診するようにしましょう

 

当事務所はむちうちの実績が多数あります。関連記事はこちら

むちうち(鞭打ち)について

むちうち損傷とは

むちうち損傷の特徴

むちうち損傷の症状

むちうち損傷の治療

むちうち損傷の検査

むちうち症と神経症状

むちうち損傷と後遺障害認定

むちうち損傷と労働能力喪失期間

むちうち損傷の素因減額

12級と14級の違い

むちうち損傷と後遺障害等級~12級と14級

むちうち治療ポイント

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス