• HOME
  • むち打ち損傷と後遺障害認定

むち打ち損傷と後遺障害認定

むち打ち損傷は、一般的には3ヶ月程度で治癒することが多いと言われていますが、実際には首の痛みや肩から腕の痛み、しびれなどが半年以上も続き、症状が一定のところで治りきらずに固定してしまう時があります。
 
この場合、被害者としては自賠責調査事務所に後遺障害認定を受ける手続きを行います。
後遺障害認定には、相手保険会社を介して行う「事前認定」と、被害者自身が行う「被害者請求」があります。
 
相手保険会社に任せて楽なのは「事前認定」ですが、当事務所では必ず「被害者請求」を行っています。というのも、「事前認定」の場合は相手保険会社は定型の資料を自賠責へ提出するのみで、場合によっては後遺障害認定に否定的な意見を出すこともあるのです。
 
これに対して、「被害者請求」は相手保険会社を介さないので、そのような意見を出されることもありませんし、必要に応じてさらに細かく医師の意見書を取り寄せ医学的証拠として提出します。
 
したがって、「事前認定」よりも「被害者請求」の方が後遺障害が認定される確率が高くなるのです。
被害者としては、必ず「被害者請求」を選択すべきです。

 

当事務所はむちうちの実績が多数あります。関連記事はこちら

むちうち(鞭打ち)について

むちうち損傷とは

むちうち損傷の特徴

むちうち損傷の症状

むちうち損傷の治療

むちうち損傷の検査

むちうち症と神経症状

むちうち損傷と後遺障害認定

むちうち損傷と労働能力喪失期間

むちうち損傷の素因減額

12級と14級の違い

むちうち損傷と後遺障害等級~12級と14級

むちうち治療ポイント

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス