• HOME
  • 醜状障害について

醜状障害について

交通事故によって負った外傷が、怪我の場所によっては傷跡ややけどが残り、醜状(しゅうじょう)と呼ばれる後遺障害になることがあります。

等級認定においては、醜状の場所が目立つ場所にあるのかどうか、性別が男性か女性かによっても違いました。しかし、2010年に京都地裁で性別の違いによって後遺障害等級が低いことは男女平等を定めた憲法に違反するという判決があり、後遺症認定基準が改正され、醜状障害における男女差による等級認定差はなくなりました。

 

現在の醜状障害における後遺障害の認定基準は以下の通りになります。

 

醜状障害の認定基準

等級

 

 

認定基準

712

外貌に著しい醜状を残すもの

916

外貌に相当程度の醜状を残すもの

1214

外貌に醜状を残すもの

144

    5

上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの

下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの

 

「外貌に著しい醜状を残すもの」とは、以下のいずれかに該当する場合のことになります。

①頭部に手のひら大以上の瘢痕、あるいは頭蓋骨の手のひら大以上の欠損がある場合。

②顔面部に卵大面以上の瘢痕、または10円玉大以上の組織陥没がある場合。

③首に手のひら大以上の瘢痕がある場合。

 

※注:手のひら大とは指の部分は含みません。被害者本人の手のひらの大きさを指し、被害者の手の大きさによって後遺症の認定の有無が決まります。

 

「外貌に相当程度の醜状を残すもの」とは、原則として顔面部の長さ5㎝以上の線状痕で、人目につく程度のものをいいます。

 

「外貌に醜状を残すもの」とは、以下のいずれかに当てはまる場合になります。

①頭部に卵大面以上の瘢痕、あるいは、頭蓋骨の卵大面以上の欠損がある場合。

②顔面部に10円玉大以上の瘢痕、または長さ3cm以上の線状痕がある場合。

③首に卵大面以上の瘢痕がある場合。

 

外貌の醜状において特に注意しなければならない点は、他人が見て傷を負っていることが明確に分かるという点です。瘢痕、線状痕、組織陥没があったとしても、眉毛や頭髪によって隠れてしまう部分については、醜状として取扱われない点に注意が必要です。

 

上肢または下肢の「露出面」とは、上肢にあっては、ひじ関節以下、下肢にあってはひざ関節以下の部分をいいます。

 

当事務所では、醜状障害を負われた方に対し、適正な後遺障害の等級認定を得られるように認定のサポートを行っております。醜状障害を負われてしまい、お悩みになられていることがございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス