• HOME
  • 動画解説集
  • 交通事故に遭ってから半年経ちましたがまだ首と背中に痛みが残っていて病院に通っています。しかし、保険会社から治療費の支払を打ち切ると言われてしまいました。どうすれば良いのでしょうか?

通院中で、保険会社から治療費の支払を打ち切ると言われたが、どうすれば良いですか?

Q.交通事故に遭ってから半年経ちましたがまだ首と背中に痛みが残っていて病院に通っています。しかし、保険会社から治療費の支払を打ち切ると言われてしまいました。どうすれば良いのでしょうか?

 

A.

 

テキスト解説

保険会社から治療費の支払を打ち切りについては、むちうちになってしまった人からよく相談を受けます。

 

事故にあって体がつらくてまだ治っていないのに、保険会社からは事故から3ヶ月もしたら支払いを打ち切ると言ってきます。威圧的な態度で、何度も何度も打ち切る電話がくるので、だんだん電話自体が精神的につらくなってしまいます。

 

こうなると、ご自身で対応するのは非常にきついことです。被害者なのに、さらに治療をめぐって、保険会社から二次的な被害を受けてしまうのです。

 

そういう時は、自分の代わりに弁護士を立てて話をしてもらうことをおすすめします。

弁護士であれば、保険会社も威圧的な態度をとることはせず、対等に話をすることができます。

 

そして、治療についても、今の時点で打ち切って症状固定として良いのか、まだ治療を続けるべきなのか、後遺症も含めた総合的な視点から検討します。治療の必要があれば、弁護士は保険会社と交渉して治療を継続する方向へ持っていきます。

後遺症申請をすべきとふめば、治療を終了して、適切な後遺症診断書の書き方をアドバイスします。

そして、適切な後遺症の認定をもらうようにします。

 

こういうことは、事案ごとに非常に判断が難しいので、交通事故を多く取り扱う弁護士の判断に任せた方がよいでしょう。

自分ですべてを行おうとすると、非常に大変で、不備も多くなります。弁護士に任せれば、一気に精神的にも楽になれますよ。

 

最近は、自動車保険に弁護士特約がついていることも多いです。その場合は、基本的に弁護士費用を自分で支払う必要はありません。

特約がついている場合は、ぜひ利用されることをお勧めします。

 

当事務所の動画解説集

交通事故にあって保険会社から賠償金額の提示があったのですが納得できる金額ではありませんでした。どこに相談すればよいでしょうか?

交通事故に遭ってから半年経ちましたがまだ首と背中に痛みが残っていて病院に通っています。しかし、保険会社から治療費の支払を打ち切ると言われてしまいました。どうすれば良いのでしょうか?

交通事故にあって相手方からは過失割合が6:4だと言われていますが納得できません。どうすればよいでしょうか?

交通事故の事件を弁護士に依頼するタイミングはいつが良いのでしょうか?

交通事故証明書は,どのように入手したらよいのでしょうか?

物損事故から人身事故へ切り替えるには具体的にどうしたらよいのですか?

むちうちの場合の、損害はどうなるのですか?

被害者の請求にはどのような種類があるのでしょうか?

車両の修繕費請求について

加害者以外の慰謝料請求について

加害者の会社への損害賠償請求

加害者請求の時効

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス


着手金・相談料0円 受付時間平日9時~18時(土曜日応相談)0742-81-3677  お客様の声

Contents menu

事務所について

事務所概要

事務所概要

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

アクセスマップ

ImgLS5.jpgImgLS6.jpgImgLS7.jpg