• HOME
  • 動画解説集
  • 交通事故の事件を弁護士に依頼するタイミングはいつが良いのでしょうか?

交通事故の事件を弁護士に依頼するタイミングはいつが良いのでしょうか?

Q.交通事故の事件を弁護士に依頼するタイミングはいつが良いのでしょうか?

 

A.

 

テキスト解説

交通事故が発生すると、通常は加害者側の保険会社から治療費の支払いを行ってくれます。

怪我が軽く、2~3ヶ月で治る場合は、保険会社とのやりとりもスムーズに終わるでしょう。

 

しかし、治療期間が4ヶ月を過ぎるようになると、保険会社から「治療費の支払いを打ち切る」という連絡が頻繁にされるようになり、治療の継続が難しくなってきます。

そして、その連絡を受けるたびに、被害者は精神的な苦痛を味わうようになります。

その苦痛を何とかしてほしいと、弁護士に代理人委任されるケースが多いです。

 

また、事故から半年経って、後遺症の申請をしたいけれど、どうしたらよいかわからない、保険会社に任せるのはいやだ、とうい場合に、そこから弁護士に依頼して、後遺症請求を行うケースもかなりあります。

 

事故で過失割合が争点となり、物損の交渉すら進まないというケースも、弁護士に依頼されます。

だいたい弁護士に依頼されるケースは、この3つのタイミングであることが多いです。

 

ただ、事故発生直後から、「自分は保険会社と会話するのが苦痛なので、弁護士に入ってほしい」という方もおられます。

自分が交通事故の被害者となり、「自分一人では対応できない。弁護士に入ってほしい」と感じた時が、依頼するタイミングとなります。

 

当事務所の動画解説集

交通事故にあって保険会社から賠償金額の提示があったのですが納得できる金額ではありませんでした。どこに相談すればよいでしょうか?

交通事故に遭ってから半年経ちましたがまだ首と背中に痛みが残っていて病院に通っています。しかし、保険会社から治療費の支払を打ち切ると言われてしまいました。どうすれば良いのでしょうか?

交通事故にあって相手方からは過失割合が6:4だと言われていますが納得できません。どうすればよいでしょうか?

交通事故の事件を弁護士に依頼するタイミングはいつが良いのでしょうか?

交通事故証明書は,どのように入手したらよいのでしょうか?

物損事故から人身事故へ切り替えるには具体的にどうしたらよいのですか?

むちうちの場合の、損害はどうなるのですか?

被害者の請求にはどのような種類があるのでしょうか?

車両の修繕費請求について

加害者以外の慰謝料請求について

加害者の会社への損害賠償請求

加害者請求の時効

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス


着手金・相談料0円 受付時間平日9時~18時(土曜日応相談)0742-81-3677  お客様の声

Contents menu

事務所について

事務所概要

事務所概要

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

アクセスマップ

ImgLS5.jpgImgLS6.jpgImgLS7.jpg