むち打ち症について14級の後遺障害等級を獲得し、妥当な過失割合で示談を成立させた事例 | 奈良の交通事故弁護士相談 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

むちうちの解決事例一覧

むち打ち症について14級の後遺障害等級を獲得し、妥当な過失割合で示談を成立させた…

1.事故状況

20代の男性が片側2車線道路の右側を走行していたところ、T字形の交差点の左側から右折しようと出てきた車と衝突しました。両方の車は大破し、被害者は頚椎捻挫および腰椎捻挫の怪我を負いました。
被害者は長期に渡り治療をし、最終的に事故後1年1ヶ月で症状固定しました。症状固定の後も、頸部から両肩にかけて痛みとだるさが残り、立っているだけで腰が痛く、寝ていても腰を動かすと痛いなどの症状が残りました。

2.相談のきっかけ

被害者は、事故から9ヶ月たったころに、インターネットで高の原法律事務所を捜され、弁護士に相談に来られました。被害者は、任意保険の弁護士特約で治療費や慰謝料についての交渉を弁護士に依頼できるか心配されていました。しかし、特約の範囲内で収まるとの弁護士の説明で、相手側との交渉を依頼することにされました。

全てを見る

むち打ちについて14級の後遺症等級を獲得し、さらに加害者のひき逃げ行為に対して慰…

1.事故状況

40代の男性が、赤信号で交差点で信号待ちをしていたところ、前方不注意の車に追突されました。男性は、腰椎捻挫、頚椎捻挫(むち打ち)、左胸打撲の怪我を負いました。整形外科や接骨院での治療は8.5ヶ月を要し、延べ172日間の通院をしました。
加害者は、携帯電話の画面を見ていて、被害者の車を発見するのが遅れたのが原因でした。加害者の車は被害者に対して止まるかのように見せかけて、そのまま逃走したので、被害者が車で追いかけてナンバープレートを読みとり、110番に通報しました。警察の捜査により加害者が特定され、加害者は、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)で逮捕・起訴され、罰金70万円の略式命令を受けました。

2.相談のきっかけ

被害者は、怪我のため休職しており、頭痛がして左手に冷感があったりして、非常に体調が悪くなりました。加害者の保険会社の担当者と交渉するのもしんどくなった被害者は、インターネットで調べて当事務所にそうだに来られました。相談をした被害者は、弁護士を信頼し、事件の解決を依頼することにされました。

全てを見る

むち打ちについて、保険会社の治療費打ち切り後も治療を継続して、14級の後遺障害の…

1.事故状況

50代の男性が出勤途中に渋滞で停止していたところ、前方不注意の車に追突されました。男性は救急車で搬送され、頚椎捻挫(むち打ち)、腰椎捻挫、頚肩腕症候群、抹消神経障害と診断されました。治療には8ヶ月間を要し、症状固定の後も、頸部から左肩にかけての痛みが残り、左上肢から左手にかけての痺れや筋力低下の自覚症状が残りました。

2.相談のきっかけ

被害者は、当初2週間の治療が必要と診断され会社を休業しました。その後、首や左手に痺れがあり、吐き気もするので結局1ヶ月間の休業を余儀なくされました。このような状態では、加害者側の保険会社の担当者と交渉することもままならず、インターネットで調べて当事務所へ相談に来られました。相談した後、被害者は弁護士を信頼し、事件の解決を依頼されました。

全てを見る

むち打ちについて後遺障害14級が認定され、さらに時価を超えた賠償金額を得ることが…

1.事故状況

80代の男性が、早朝に交差点で信号待ちをしていたところ、前方不注意の車に追突されました。男性は、腰椎捻挫、頸椎捻挫(むち打ち)の怪我を負い、長期の治療を余儀なくされました。

2.相談のきっかけ

被害者は、永年運転をしているが、事故に会うのは初めてのことであり、物損、人損について保険会社との煩わしい交渉が負担になり、弁護士に相談されました。

全てを見る

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休