解決事例 | 奈良の交通事故被害者救済サポート 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

8~12級の解決事例一覧

バイクで走行中、右折の車に衝突され、8級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが交差点で渋滞している車列の左側をバイクで走行中、右折してきた車に真横から当たられ歩道に投げ出されました。この事故で、Aさんは胸椎錐体骨折、腰部打撲傷、右肘部打撲傷の怪我をしました。

Aさんは、救急車で病院に搬送され2ヶ月弱の入院加療の後、7ヶ月の通院治療を余儀なくされました。

 

2.相談のきっかけ

Aさんが退院する直前に、Aさんの家族のBさんが知人の紹介で当事務所を訪問され、今後の相手側保険会社との交渉について弁護士に相談した後に委任されました。

全てを見る

バイク事故で左膝の靭帯損傷による12級の後遺障害が認定され、示談金が8倍になった…

1.事故状況

Aさんがバイクで信号機のないT字の交差点を直進していたところ左から右折しようと出てきた車がバイクの後部に衝突し、Aさんは転倒しました。この事故で、Aさんは右前腕、右膝、左膝、頭部に打撲傷を負い、左膝の靭帯を損傷しました。

2.相談のきっかけ

Aさんは、6か月に渡り治療を行いました。相手側保険会社は症状固定後に、後遺障害の事前申請もせず、損害賠償金額の提示をしてきました。

Aさんは、自分としては左膝が不安定で事故以前のような動きができない状態であるにもかかわらず、提示された金額があまりにも低いので、当事務所を訪れて弁護士に相談されました。

弁護士と面談後、Aさんは加入している自動車保険の弁護士特約を使って今後の交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

自転車で横断歩道を横断中、信号無視の車にはねられ、脳挫傷、頭蓋骨骨折等の負傷を負…

1.事故状況

Aさんが、青信号で横断歩道を自転車で走っていたところ、赤信号を無視して直進してきた車に衝突され転倒し負傷しました。

Aさんはこの事故で、脳挫傷、急性硬膜下血腫、頭蓋骨骨折、外傷性くも膜下出血の大けがを負い、救急車で病院に搬送され3週間の入院の後通院での治療を余儀なくされました。

2.相談のきっかけ

入院中のAさんに代わり、家族の方が事故の1週間後に当事務所に相談に来られました。Aさんは家族の方から説明を受け、今後の対応を弁護士に委任されました。

全てを見る

バイクで交差点を走行中、対向車線から前方不注意で右折の車を避けて転倒し負傷、9級…

1.事故状況

Aさんがバイクで片側二車線道路の左側車線を走行していたところ、対向車線から右折しようとして停車していた車が、Aさんのバイクを見落として右折しました。

Aさんは衝突を避けようと回避した時に転倒しました。この事故でAさんは道路側部に身体を強打して右腕、右下肢を骨折し救急搬送され手術を受け入院しました

その後リハビリテーション病院に入院しリハビリに努め、通院治療を継続し、事故後2年2か月後に症状固定となりました。

 

2.相談のきっかけ

事故から2年後の症状固定が近づいたころ、Aさんは前に当事務所のホームページを見て弁護士が信頼できると判断され、後遺障害の認定や示談交渉について弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、Aさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

自動車道出口の渋滞で停止中に追突され負傷、11級の後遺障害が認定され、交通事故紛…

1.事故状況

   Aさんが自動車道の出口で渋滞のため最後尾で停止していたところ、後ろから来た車が脇見運転のため時速70kmで追突しました

Aさんは外傷性頸部症候群、頚肩腕症候群、頚椎椎間板ヘルニア、下肢閉塞性動脈硬化症、末梢神経障害性疼痛などの傷害を負いました。

事故後徐々に手、腕、足に痺れが生じ、歩行障害も発生したので頚椎椎間板ヘルニアについての手術を受けました。その後はリハビリを続け、頸部痛、上腕の痺れ、肩に痛みを残したまま、事故後2年3か月後に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故の後、Aさんは当事務所のホームページを見て、弁護士のコメントが良かったので、弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、Aさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

12級の後遺障害を事前認定された後の示談交渉を弁護士が行い、損害賠償金を143万…

1.事故状況

Aさんが自転車に乗って青信号で交差点を渡っていた時、対向方向から右折してきた車に衝突されました。

この事故で、Aさんは転倒し頭部や両足に打撲傷を負いました。Aさんは救急搬送され、頭部にくも膜下出血が認められため入院し、3週間の治療の後退院し1年弱の通院治療で症状固定しました。

加害者側保険会社による後遺障害認定の事前申請で、Aさんの後遺障害は12級と認定されました

2.相談のきっかけ

加害者側保険会社から損害賠償金の提示がありましたが、Aさんは高齢のため提示金額が妥当かどうかの判断がつかず、Aさんの御家族の方が当事務所のホームページを見て相談に来られました。

弁護士と相談の後、Aさんのご家族は加害者側保険会社との示談交渉を弁護士に依頼されました。

全てを見る

事故の損害賠償について、紛争処理センターで調停をした事例

1.事故状況

 Aさんは、夜間道路左側を歩行していました。後から来たバイクは、対向車のライトに目がくらみ、Aさんの発見が遅れて急ブレーキをかけ転倒しました。転倒したバイクは道路上を滑走し、Aさんの足に衝突しました。

 Aさんは、この事故で、両手、頭部を打撲し、左足を骨折、脱臼しました。Aさんは1ヶ月半入院し、その後1年2ヶ月に渡り通院による治療を余儀なくされました。

 相手方の保険会社は、後遺障害事前認定の申請をして12級の回答を得ました。この結果に基づき、相手方の保険会社はAさんに損害賠償金として473万円の提示をしました。

2.相談のきっかけ

 Aさんは、提示された内容に不満があったので、交通事故紛争処理センターへ調停を申し立てていました。しかし、Aさんだけでは思うように自分の主張を伝えられるか心配でしたので、知人の紹介で当事務所に相談に来られました。

 Aさんは、任意保険の弁護士特約に加入されており、弁護士と相談の結果、今後の調停に関する業務を弁護士に委任されました。

全てを見る

信号のない交差点で、バイクに衝突され12級の後遺障害を負った事例

1.事故状況

 Aさんは、信号のない交差点を自転車で渡ろうとしていました。左側からバイクが高速で進んでくるのが見えました。Aさんは、自転車からおりて、バイクをやり過ごそうとしましたが、バイクは減速せずそのまま進んできて、Aさんを跳ね飛ばしました

 Aさんはこの事故で頭を打ち、急性硬膜外血腫、脳挫傷、右大体打撲傷などの負傷をし、救急車で病院に搬送され、2ヶ月に渡り入院を余儀なくされました。

2.相談のきっかけ

 事故の後すぐにAさんの家族が、インターネットで当事務所を知り相談に来られました。相手方は任意保険に加入していなかったことから、当面は労災を利用して治療を続けることになりました。Aさんは大きな怪我をされているので、家族はAさんの入院・治療のサポートに大きな労力が予想されるため、加害者との交渉については、弁護士に委任することにされました

全てを見る

横断歩道を自転車で走行中、右折してきた車に衝突された事例(TFCC損傷)

1.事故状況

 Aさんが、青信号で横断歩道を自転車で走っていたところ、前方をよく確認せずに右折してきた車に衝突され、転倒し負傷しました。

 Aさんはこの事故で、頸椎捻挫(むち打ち)・腰部打撲傷・左手打撲傷・頭部打撲傷・左下腿打撲傷の負傷をし、救急車で病院に搬送されました。

2.相談のきっかけ

 Aさんは、インターネットで調べて、事故の3週間後に当事務所に相談に来られました。

Aさんは弁護士と面談の後、今後の対応を弁護士に委任されました。

全てを見る

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休