解決事例 | 奈良の交通事故被害者救済サポート 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

車と二輪の解決事例一覧

バイクで交差点に進入したところ減速せずに走行してきた車と衝突し14級の後遺障害を…

1.事故状況

Aさんがバイクで交差点に進入したところ、左側の狭い車線から徐行せずに進行してきた車があり、Aさんは車の右側面に衝突し転倒しました。

この事故で、バイクは全損となり、Aさんは頭部外傷、外傷性頸部捻挫、左肩打撲傷などの傷害を負いました。Aさんの頸部の痛み、顔面・手足の痺れ、頭痛、耳鳴り、目の痛みなどは長期間続き、事故後10か月で症状固定となりました

2.相談のきっかけ

Aさんは治療が長引いていて、今後の治療の継続や保険会社との交渉について弁護士に相談したいと思われました。Aさんは事故から4か月後に、当事務所のHPに多くの具体的な解決事例があるのを見て、相談に来られました

Aさんは弁護士と相談の後、この件の解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

バイク事故で後遺障害12級が認定されたが過失割合で争いがあり、交通事故紛争処理セ…

1.事故状況

Aさんがバイクで片側二車線道路の走行車線から追越車線に進路変更をしようとしたところ、追越車線の後方からきた車と衝突し転倒しました。

この事故でAさんは身体を強打し、左膝挫創、右肘挫創、腰部挫傷、右肩挫傷、頭部打撲症、右膝内側側副靭帯損傷、右膝内側半月板損傷の傷害を負いました。

2.相談のきっかけ

相手方保険会社は、Aさんの無理な車線変更により事故が発生したのでAさんの過失割合が大きいとして、治療費の支払いを拒否しました。Aさんはこのままでは治療が続けられないので、当事務所のホームページを見て弁護士に相談に来られました。

Aさんは弁護士と面談の結果、今後の加害者側保険会社との交渉を弁護士に委任されました。

 

全てを見る

バイクで走行中、脇道から飛び出してきた車に衝突され、14級の後遺障害を負った事例

1.事故状況

Aさんがバイクで片側一車線道路左側を走行中、左前方の脇道からいきなり飛び出してきた車に衝突されました。

この事故でAさんはバイクともども大きく飛ばされ、身体を強打し、右肋骨多発性骨折、外傷性頸部捻挫、両膝関節打撲傷、右肩関節拘縮の傷害を負いました

Aさんは病院へ救急搬送され、右肋骨骨折に対しコルセット固定がなされ、骨癒合が完成後は整形外科での治療・リハビリを継続しました。

 

2.相談のきっかけ

事故後3か月を経過した頃、Aさんは当事務所のホームページをみて相談に来られました。Aさんは弁護士と面談の結果、今後の加害者側保険会社との交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

バイクで走行中、渋滞車列から急に左側に出てきた車に衝突され、14級の後遺障害を負…

1.事故状況

Aさんがバイクで片側一車線道路左側を走行中、同じ車線で渋滞していた四輪車両の列から突然左折レーンに入ろうと急発進した車に衝突されました

この事故でAさんは頸部挫傷、右肩・上腕挫傷の傷害を負いました。Aさんは整形外科へ通院し、事故後7か月で症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故後6か月を経過した頃、Aさんは今後の示談交渉の進め方、後遺障害に対する補償などについて弁護士の意見を聞きたいと思い、インターネットで調べられました。

Aさんは当事務所のホームページを見て、相談に来られ弁護士と面談の結果、今後の加害者側保険会社との交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

商業施設の駐車場の通路をバイクで通行中、横から出てきた車に接触され腰椎捻挫などの…

1.事故状況

Aさんが商業施設の駐車場内のメイン通路をバイクで通行中、右側の通路から一旦停止をせずに右折してきた車に接触されました。Aさんはバイクと一緒に転倒し、腰椎捻挫、右前腕擦過創、右下肢擦過創、右肩関節打撲傷、右大腿打撲傷の負傷をしました

2.相談のきっかけ

事故から2週間後に、Aさんは今後の加害者側保険会社との示談交渉について、知人の紹介で当事務所に相談に来られました。

Aさんは、傷害に対する損害賠償や過失割合について相談され、自動車保険の弁護士特約を使ってこの件の解決を弁護士に委任されました

全てを見る

自転車でT字路交差点を直進中、左側側から侵入してきた車に衝突され転倒・負傷した事…

1.事故状況

Aさんが自転車でT字路の交差点を直進していたところ、一時停止の表示のある左側の道路から侵入してきた車に側面から衝突されました。

この事故で、Aさんは頚椎捻挫、腰部挫傷、左膝頭部打撲傷の傷害を負い、病院での治療を開始しました

2.相談のきっかけ

事故から3週間後に、Aさんは今後の加害者側保険会社との示談交渉について、当事務所のHPを見て相談に来られました。過失割合について、加害者側保険会社は90:10としていて、自分の過失はないと思うAさんにとっては受け入れがたいものでした

全てを見る

5か月の間に2回の交通事故に遭い、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんはバイクで交差点を直進中対向車線の右折車に衝突され、頚椎捻挫・腰椎捻挫の傷害を負いました。Aさんが整形外科で治療中、5か月後に車で赤信号で停車中追突されるという事故が発生しました。この事故でAさんは再度、頚椎捻挫・腰椎捻挫の傷害を負い、治療を継続しました

Aさんは投薬治療やリハビリを受け治療を継続し、最初の事故から1年1か月後に症状固定となりました。

第1事故の半年後、Aさんは加害者側保険会社の損害賠償金の提示に同意し、示談が成立しました。

第2事故の症状固定後、加害者側保険会社は後遺症認定の事前申請を行い、14級が認められました。加害者側保険会社はこの結果に基づきAさんに損害賠償額の提示を行いました。

2.相談のきっかけ

Aさんはこの金額が妥当かどうかを知るために、HPで調べた当事務所を訪問され、弁護士と面談の後、今後の示談交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

自転車で横断歩道を通行中に右折の車にはねられ転倒、11級の後遺障害を負った事例

1.事故状況

Aさんは自転車に乗って青信号の横断歩道を走行中、高齢者が運転する右折車にはねられ転倒しました。Aさんは第2腰椎圧迫骨折、外傷性頸部症候群、胸部挫傷、腰部挫傷の傷害を負い、3か月間の入院の後3か月の通院治療を余儀なくされました

2.相談のきっかけ

退院が近づき、外出ができるようになったAさんは、当事務所のホームページを見て相談に来られました。弁護士と面談の後、Aさんはこの件の解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

バイクで交差点を直進中に右折車と衝突、頚椎捻挫、左膝挫傷、右手部捻挫などの負傷を…

1.事故状況

Aさんがバイクで交差点を直進していたところ、右折レーンで待機していた車が判断を誤り右折を開始し、Aさんは避けきれず車と衝突しました。Aさんはバイクと共に転倒し、救急車で病院に搬送され治療を受けました

この事故で、Aさんは頚椎捻挫、左膝挫傷、右手部捻挫などの怪我を負い、11日入院した後に退院し、通院して治療を継続しました。

2.相談のきっかけ

Aさんは学生であり、家族の方のBさんは、これから加害者側保険会社との示談交渉をするにあたり、どのようにすべきか知りたいと思われ、当事務所のHPを見て相談に来られました。

全てを見る

バイクで走行中、狭い道から出てきた車に衝突され大腿骨や肋骨を骨折、14級の後遺障…

1.事故状況

AさんがバイクでT字型の交差点に差し掛かったところ、狭い道から出てきた車に出合い頭に衝突しました。この事故でAさんは左大腿骨頸部、右肋骨、右腸骨を骨折、頭部打撲、顔面挫傷の負傷をしました。

Aさんは1月余り入院し手術を受け、その後2ヶ月半の通院で症状固定となりました。その後加害者側保険会社が後遺障害の事前認定を申請し、14級の後遺障害が認定されました。

後遺障害認定を受けて、加害者側保険会社はAさんに示談交渉を開始し、損害賠償額を提示しました。

2.相談のきっかけ

Aさんは高齢のため、自分で加害者側保険会社と示談交渉をするのが困難なため、ご子息が当事務所をホームページで調べて相談に来られました。

ご子息は弁護士と相談の後、ご子息の助言でAさんはこの件の解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休