解決事例 | 奈良の交通事故被害者救済サポート 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

物損ありの解決事例一覧

高速道で追突され、頚椎捻挫・左手関節捻挫の障害を負った事例

1.事故状況

Aさんが高速道路を走行していたところ、右側車線の車がAさんの車に追突しました。この事故でAさんの車は損傷し、Aさんは頚椎捻挫・左手関節捻挫の負傷をしました

Aさんは整形外科で投薬・理学療法などの治療をおこないました。

2.相談のきっかけ

加害者側保険会社は、最初からこの事故についての交渉を弁護士に委任することをAさんに通知してきました。Aさんは交渉相手が弁護士であれば、自分も弁護士を代理人にした方が良いと判断され、当事務所をホームページで知り、弁護士に相談に来られました。

Aさんは人損・物損に対して十分な補償を受けたいと思われ、弁護士と面談の後、自動車保険の弁護士特約を使って、相手方との交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

購入後1か月の新車に追突されむち打ちに、新車の評価損が争点になった事例

1.事故状況

Aさんが赤信号で停止していたところ後続の車に追突され、頚椎捻挫、頭部外傷の受傷となりました。

Aさんは整形外科で治療をしましたが、激しい頭痛が続きました。

2.相談のきっかけ

Aさんは物損・人損についての損害賠償の交渉を弁護士に任せたいと思い、当事務所のホームページを見て相談に来られました。

全てを見る

信号待ちで追突され外傷性頸部症候群、左胸部打撲、頸椎捻挫の傷害を負い、14級の後…

1.事故状況

Aさんが交差点の信号待ちで停車していたところ、運転手が携帯電話の画面に気を取られた車に殆どノーブレーキで追突されました。Aさんは衝突の衝撃で外傷性頸部症候群、左胸部打撲、頸椎捻挫の傷害を負いました。Aさんが停止した相手の車の運転手に声を掛け、車を道のわきに寄せていると加害車は逃走し、翌日警察に検挙されました。

Aさんは事故の直後は気が張っていて痛みを感じませんでしたが、翌日になって首の痛みや左手の痺れを感じたので、救急外来で治療を受け、その後も引き続き整形外科で治療を継続しました

2.相談のきっかけ

事故から半月後に、Aさんは当事務所のホームページを見て相談に来られました。弁護士と面談後、Aさんはこの事件の物損・人損についての解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

信号待ちで追突され頸椎捻挫、腰椎捻挫の負傷、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが交差点の信号待ちで停車していたところ、ノーブレーキの車に追突されました。Aさんの車は大破し、Aさんは頸椎捻挫、腰椎捻挫、口腔損傷の負傷をしました。

Aさんは救急受診し、引き続き整形外科で治療を継続しました。

2.相談のきっかけ

Aさんは以前から当事務所をご存じで、任意保険の弁護士特約にも加入されていたので、この事件の物損・人損についての解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

バイクで走行中、車線変更をしてきた車に接触され負傷し、14級の後遺障害が認定され…

1.事故状況

Aさんが二車線の道をバイクで走行していたところ、右側車線の車が後方確認を怠って車線変更してAさんのバイクに接触しました。この事故でAさんは頸椎捻挫、腰椎捻挫、背部捻挫、両股関節捻挫などと診断されました。

 

2.相談のきっかけ

Aさんは整形外科や整骨院に通い治療をしていましたが、事故後4ヶ月で相手方の保険会社は治療の打ち切りを伝えてきました。しかし、医師の診断ではもう少し治療が必要であり、Aさんも引き続き治療を続けたいと思われました。今後どのようにしたらよいかのアドバイスを求め、当事務所のホームページを見て相談に来られました。

全てを見る

スーパーの駐車場の通路で、バックしてきた車に衝突された事例

1.事故状況

被害者は、スーパーの屋内駐車場で、いつも停める場所に向かって進んでいましたが、前にもう一台の車がありました。その車は、停める場所を捜しているのか、ゆっくり進んだり止まったりしていましたが、突然バックしてきて、被害者の車の前面にぶつかりました

2.相談のきっかけ

 物損では、本人の過失割合を35%認める内容で示談をしました。その後、治療が一通り終わってから、相手側の保険会社が人損について、被害者の過失割合を35%とした示談案を提示してきました。被害者は、加害者の車が一方的にバックしてきたにも拘わらず、自分に過失があるとされるのに納得できず、弁護士に相談に来られました。また、むち打ちによる首や肩の強い痛みも残っていて、後遺障害があると思われていました。後遺障害については、保険会社が損害保険料算出機構に、事前認定を依頼していましたが、非該当という結果でした。

全てを見る

むち打ちについて後遺障害14級が認定され、さらに時価を超えた賠償金額を得ることが…

1.事故状況

80代の男性が、早朝に交差点で信号待ちをしていたところ、前方不注意の車に追突されました。男性は、腰椎捻挫、頸椎捻挫(むち打ち)の怪我を負い、長期の治療を余儀なくされました。

2.相談のきっかけ

被害者は、永年運転をしているが、事故に会うのは初めてのことであり、物損、人損について保険会社との煩わしい交渉が負担になり、弁護士に相談されました。

全てを見る

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休