TOP / 奈良の交通事故被害者救済サポート 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ
弁護士 坪田 園子

依頼者の意向を最大限汲み取り賠償金・慰謝料の増額のために徹底交渉

初期費用無料・完全成功報酬制

弁護士 加藤 文人
交通事故の相談実績1000件以上枚方を中心に交野・寝屋川・高槻など地域密着

当事務所が選ばれる5つのポイント

  • 1弁護士歴15年以上の
    経験豊富な
    弁護士が対応

  • 2交通事故の
    豊富な解決実績

  • 3初回相談料無料
    (30分)

  • 4どの段階においても
    サポート可能

  • 5平日夜、土曜日も対応(要予約)

高の原法律事務所の豊富な解決事例

高の原法律事務所が選ばれる理由

1000件以上の相談を受け、多数の大幅な慰謝料増額を実現いたしました。

脳挫傷12級 依頼前0万円 - 依頼後1,068万円
脊髄症状12級 依頼前0万円 - 依頼後800万円
むちうち14級 依頼前95万円 4.8 依頼後454万円
頭部打撲12級 依頼前423万円 2.5 依頼後1,187万円
左膝靭帯損傷12級 依頼前133万円 7.9 依頼後1,048万円
左膝損傷12級 依頼前277万円 3.0 依頼後936万円
頭部打撲 依頼前317万円 6.1 依頼後1,926万円

交通事故解決のポイント

部位別の後遺障害

高の原法律事務所が交通事故に強い理由

  • ベテラン弁護士が必ず直接対応

    当事務所では、いずれも大阪で長年弁護士業務をしていた弁護士が在籍しております。
    どのような事件についても、弁護士に依頼する場合、その弁護士と信頼関係を築いた上でなければできません。そのため、最初に必ず直接お会いして、お話をじっくりお聞きいたします。その意味で、当事務所は「顔の見える関係」を大切にしております。
    相談者の方には実際に弁護士と話をして、「この人なら信頼して任せられる」と感じていただいた上で、具体的な事件の依頼をいただいております。

  • 相談件数1000件以上。交通事故の経験豊富

    当事務所では、案件の半分程度が交通事故を占めています。
    交通事故は、治療内容や後遺症の等級が、その後の賠償の内容に大きく影響してきます。
    当事務所では、多くの案件を処理する中で、その専門性をさらに高め、依頼者にとってよりよい解決になるよう、日々努めております。
    必ず「弁護士依頼して意味があった」と言っていただける結果を出せるように、日々業務に取組み、それを実現しております。

  • 女性弁護士が親身に対応

    弁護士は、よく「ハードルが高い」「相談しにくい」と言われます。しかし、当事務所では女性弁護士が在籍し、悩みを抱えた方に親身になってお話をおうかがいします。
    特に、男性弁護士には威圧感を感じて話しづらいという方もいらっしゃいます。しかし、当事務所は誰にでも話しやすく、心を開いて何でも気軽に相談できる存在でありたいと考えています。
    これまで多くの方に、「女性の弁護士さんなので、相談しました」「話しやすい」「話をよく聞いてくれる」と言っていただいております。
    「女性」=安心感、信頼感ということに加え、「ねばり強さ」「緻密さ」「がまん強さ」をモットーに、日々業務に取り組んでおります。

  • 地元奈良・京都南部に密着。保険会社や病院を熟知

    後遺症の認定を受ける場合は、主治医に後遺症診断書を記載してもらう必要があるため、適切な後遺症の判断をしてもらえる医療機関で治療をしてもらうことが大前提です。
    当事務所はこれまで多くの交通事故の案件に取り組んできたため、地元奈良・京都南部の医療機関については十分に把握しており、通院先についても適切なアドバイスをさせていただくことができます。
    また、交渉相手となる保険会社も熟知しており、保険会社ごとのパターンや担当者についても把握した上で、依頼者に有利になるよう交渉をすすめてまいります。

奈良・京都南部から頂いたお客様の声

  • 木津川市50代男性後遺障害の認定は厳しいと主治医から言われていたにも関わらず

    後遺障害の認定は厳しいと主治医から言われていたにも関わらず9等級の認定を受けた事は、やはり専門の方に依頼すべきだと思い満足している。目撃者もなく当方に過失の割合が大きい難しい条件の中で細かく対応して頂いたので非常に良かった。良くお話を伺う事もでき、的確で迅速な対応をされた事、細やかに気を配って頂いた事は、やはり女性の方に依頼して良かったと思います。

  • 大阪市40代男性先生のお人柄に触れ、妻が大変安心していた

    交通事故(物損)で相談しました。問題の解決・整理等には大きな効果があり、当事務所および弁護士のサービスや対応も非常に良かったです。何より、先生のお人柄に触れ、妻が大変安心していたことが良かったです。とても話しやすい、優しい先生ですので男性でも女性でも安心して相談できます。

  • 30代女性交通事故の弁護士特約はこちらがいいと思います

    弁護士の坪田先生は本当に優しくて、安心した。私も女性ですので、同性の視点でいろいろアドバイスして下さったのが嬉しかった。子どもを育てておられていて、経験も豊富だった。坪田先生が優しくて安心できるので、事故のストレスやイライラが忘れることができた。弁護士特約があったので、一からすべてまかせられたのもよかった。他の弁護士さんの所へ行った時は、そこまで親身になってもらえなかったが、こちらは坪田先生がすごく気にかけて丁寧に話をきいて下さったので、よかったです。交通事故の弁護士特約はこちらがいいと思います。

  • 奈良市河本保正様弁護士事務所を探している人があれば推薦します

    交通事故の賠償金交渉、請求の依頼を行いました。問題の解決・整理等にご尽力いただき、当事務所および弁護士のサービスにも好感が持てました。裁判基準で交渉するから、あなたが交渉するより優位に交渉できると言われ、依頼して精神的に落ちつけた事が良かったです。弁護士事務所を探している人があれば推薦します。

高の原法律事務所について

1 地域密着対応

どのような事件についても、弁護士に依頼する場合、その弁護士と信頼関係を築いた上でなければできません。その意味で、当事務所は「顔の見える関係」を大切にしております。最初に必ず直接お会いして、お話をじっくりお聞きいたします。相談者の方には実際に弁護士と話をして、「この人なら信頼して任せられる」と感じていただいた上で、具体的な事件の依頼をいただいております。

2 複数の経験豊富な弁護士

交通事故については、事故の態様や症状、今後の後遺症について、正確に把握して今後の方針を探っていく必要があります。特に、後遺症については、医学的な知識もふまえた判断が必要となってまいります。当事務所では、いずれも大阪で長年弁護士業務をしていた20年以上の実務経験のある男性弁護士と女性弁護士が在籍し、複数弁護士でお話をお聞きしております。

3 女性弁護士が親身に対応

弁護士は、よく「ハードルが高い」「相談しにくい」と言われます。しかし、当事務所には女性弁護士も在籍し、悩みを抱えた方に親身になってお話をおうかがいします。問題が解決するまでは、ご相談者の方の気持ちはずっとモヤモヤしていて、心が重くしんどいものです。悩みを抱えた方にとって、話しやすく、心を開いて何でも気軽に相談できる存在でありたいと考えています。これまで多くの方に、「女性の弁護士さんなので、相談しました」「話しやすい」「話をよく聞いてくれる」と言っていただいております。「女性」=安心感、信頼感ということに加え、「ねばり強さ」「緻密さ」「がまん強さ」をモットーに、日々業務に取り組んでおります。

4 最も適切な解決方法を考える

交通事故で被害に受けておられる方は、妥当な賠償を受けたいと希望されますが、裁判までは考えていないことが多いです。どのような事件も、すぐに裁判をすればよいというものではありません。裁判以外にも、保険会社との交渉や紛争処理センターの利用する方法もあります。本人の状況や気持ちを尊重しながらも、何が事件解決に最良の方法かを探っていきます。納得のできる結果に向けて、一緒に伴走する弁護士でありたいと思います。そして、解決した後は、いつの間にか笑顔になって帰っていただければと思います。

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

奈良県の交通事故現状について

奈良は、大きく分けると、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、京都府木津川市、京都府相楽郡精華町の北部地域と、橿原市、桜井市、大和高田市、五條市、御所市、香芝市、葛城市、生駒郡、北葛城郡、磯城郡、高市郡、宇陀市、吉野郡の中・南部地域に分かれます(各村は除く)。北部地域、京都南部は古くからいくつかのニュータウンが作られ、多くの人が大阪や京都へ通勤しています。
これに対し、中・南部地域では、北部地域と比べて圧倒的に面積が広く、田畑や山林も多いです。奈良は大阪や京都と異なり、地下鉄が整備されていない一方、県全体の面積は大きいため、車が主要な交通手段となります。そのため、交通事故の発生率はそれなりに高いのが現状です。一方で、奈良では車の所有者の任意保険の加入率は低く、このような車両が事故を起こした場合は、賠償責任を問うことが難しいケースが出てきます。
しかし、交通事故の被害者となった場合、加害車両に任意保険がついていれば、相当な賠償責任を追及できます。ただ悩んでいるだけでは、何も解決にはなりません。専門家に相談することで、解決の糸口が見つかるかもしれません。悩まれたら、まずは弁護士に相談されることをお勧め致します。

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休