追突によるむち打ちの後遺症の事前認定で14級と認定された保険会社の損害賠償額の提示に対し、弁護士が交渉して賠償金額をアップさせた事例 | 奈良の交通事故弁護士相談 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

車と車:追突の解決事例一覧

追突によるむち打ちの後遺症の事前認定で14級と認定された保険会社の損害賠償額の提…

1.事故状況

Aさんが後部座席に乗車していた車が渋滞で停車していたところ、前方不注意の車に追突されました。

この事故でAさんは頚椎捻挫の傷害を負いました。Aさんは整形外科や整骨院で治療を受け、事故後約1年で症状固定となりました

2.相談のきっかけ

症状固定を受けて、加害者側保険会社は後遺障害等級の事前認定申請を行い、Aさんの後遺障害は14級と認定されました。

この結果を基に、加害者側保険会社はAさんに損害賠償金額の提示を行いました。Aさんは、提示された金額が妥当かどうかの判断がつかないので、弁護士に相談され加害者側保険会社との示談交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

信号待ちで追突され、頚椎捻挫・後頭部打撲の負傷、14級の後遺障害を認定され相手側…

1.事故状況

Aさんが運転していた車が赤信号で停車していたところ、前方不注意の車に追突されAさんの車は玉突きで前の車にも衝突しました。

この事故でAさんは頭部打撲、頚椎捻挫、腰部捻挫等の傷害を負いました。Aさんは救急搬送され処置を受け、その後は通院で治療を続けました

2.相談のきっかけ

事故の衝撃が激しかったので、Aさんの怪我は重く治療は長引きましたが、事故後5か月で相手側保険会社は代理人弁護士を立てていました

Aさんは治療の継続を望み、当事務所の弁護士に相談され、今後の示談交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

渋滞のために停車していたところ、追突されむち打ちとなり14級の後遺障害を認定され…

1.事故状況

Aさんが後部座席に乗車していた車が渋滞で停車していたところ、前方不注意の車に追突されました。

この事故でAさんは頚椎捻挫の傷害を負いました。

2.相談のきっかけ

Aさんは整形外科や整骨院で治療を受け、約1年後に症状固定となりました。相手方保険会社はAさんの後遺症について自賠責保険に対し事前認定手続きを行い、Aさん後遺症は14級と認定されました。

この結果に基づき相手方保険会社は、Aさんに対し損害賠償額を提示しました。

Aさんはこの金額が妥当なものかどうかの判断がつかないので、当事務所の弁護士に面談され、相手方保険会社との示談交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

渋滞の交差点で停止中、後続車に玉突き追突され頚部・腰部を捻挫、14級の後遺障害を…

1.事故状況

Aさんは、交差点の信号が青になったが前が渋滞しているので停止していました。後続車が青信号のみを見て急発進しAさんの後の車に追突し、そのはずみでAさんの車も玉突き状態で追突されました。

この事故でAさんの車は大きく損傷し、Aさんは、頚椎捻挫、腰椎捻挫などの傷害を負いました

2.相談のきっかけ

Aさん浜松に住んでおられましたが、知人の薦めで事故の直後に当事務所を訪問し、弁護士に相談されて相手方保険会社との交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

助手席に乗車、赤信号で停車中に追突され頚椎と腰椎を捻挫、14級の後遺障害を認定さ…

1.事故状況

4名が乗車していて、Aさんが助手席に乗っていた車が赤信号で停止していたところ、1台後ろの車が追突され玉突き衝突となりました。更に加害車両もそのまま走行しAさんの車の助手席側に衝突しました。

この事故で一番強い衝撃を受けたAさんは、頚椎捻挫、腰椎捻挫などの傷害を負いました。Aさんは救急処置を受けた後、整形外科で治療を続けましたが、頸部、腰背部の痛みや右足の痺れが続きました。

2.相談のきっかけ

Aさんは事故から1か月後に、HPで当事務所を知り相談に来られました。Aさんは弁護士と相談の後、この件の解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

相手方から治療の継続を拒否する裁判を起こされ、弁護士が反訴・和解により損害賠償金…

1.事故状況

Aさんが赤信号で停止していたところ、後ろの車が追突され、玉突きでAさんの車も追突されました。

この事故で、Aさんは頸椎間板ヘルニア、腰椎間板ヘルニアの傷害を負い、整形外科や整骨院で治療を受けました

2.相談のきっかけ

Aさんは事故の3ヶ月後に、当事務所のホームページを見て相談に来られ、今後の相手方保険会社との交渉について質問されました。相談の結果、今後の相手方保険会社との交渉について委任されました。

全てを見る

弁護士が12級の後遺障害で交通事故紛争処理センターを使って交渉し、手取り金額が当…

1.事故状況

Aさんが渋滞で駐車していたところ、後ろの車が追突され、玉突きでAさんの車も追突されました。

この事故で、Aさんの車は廃車になるほど損傷し、Aさんは頚椎捻挫、頭部・胸部打撲症、腰椎捻挫の傷害を負いました。Aさんは整形外科や整骨院で治療を行い、事故後7か月で症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

Aさんは事故の半月後に当事務所に相談に来られ、今後の相手方保険会社との交渉について質問されました。相談の結果、症状固定後に示談交渉について委任するということになりました。

症状固定後に、相手方保険会社が後遺障害について事前認定を行った結果、Aさんの傷害は12級に認定されました。

この結果に基づいて、相手方保険会社はAさんに損害賠償金の金額を提示しましたが、Aさんはその金額が少ないと感じました。しかし、妥当な金額についての判断基準はよくわからないので、再度当事務所に相談に来られました

弁護士は相手方保険会社の提示金額は著しく低いと判断してAさんに説明しました。Aさんは弁護士と相談の後、この件の解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

渋滞中に追突され、夫婦共に腰椎捻挫などの負傷、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが渋滞で停止と発進を繰り返していたところ後方で追突事故が発生し、玉突き状態となった車がAさんの車に追突しました。

Aさんの車は大きく損傷し、Aさんと同乗していた配偶者のBさんは共に腰椎捻挫、腰部捻挫、背部痛などの傷害を負い、病院での治療を開始しました。

Aさんは、首・背中・腰の痛みが取れず長期の治療となり、8ヵ月余りの通院の後、症状固定となりました。

Bさんも首や肩の痛み、右手のしびれがとれず、Aさんと同時期に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故後1か月の頃、Aさんは当事務所のホームページを見て相談に来られました。AさんとBさんは整形外科での治療と並行して、整骨院での施療を続けることを希望されていて、弁護士にこの件の解決を委任されると共に、整骨院での施療継続の交渉を要望されました。

全てを見る

信号待ちで追突され頚椎捻挫、頭部打撲症などの負傷、14級の後遺障害が認定された事…

1.事故状況

Aさんが交差点において赤信号で停車中、後方から追突されました。Aさんの車は大きく損傷し、Aさんは頸部捻挫、頭部・両肩関節打撲傷、胸部打撲症、腰椎捻挫の傷害を負いました

Aさんは、首から肩にかけての強い痛み、頭痛等の症状が強いため整形外科での治療を続け、6か月間の治療を経て症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故後2か月の頃、Aさんは当事務所に相談に来られました。Aさんは自動車保険の弁護士特約を付けておられ、この件の解決を弁護士に委任されました

全てを見る

信号待ちで追突され、頸部捻挫、腰部捻挫の負傷、14級の後遺障害を負った事例

1.事故状況

Aさんが交差点で信号待ちをしていたところ、後方より坂道を下ってきたノーブレーキの車に追突されました。これはAさんの車両後部が大きく破損する大きな事故で、Aさんは頸部捻挫、腰部捻挫、胸椎捻挫、両肩甲部捻挫、両仙腸関節捻挫、末梢神経障害性疼痛の傷害を負いました

Aさんは整形外科で治療するとともに、主治医の許可を得て鍼灸院での治療も行いました。

1年以上に及ぶ治療を経て、Aさんは症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故後1年を経過した頃、加害者側保険会社が治療の打ち切りを提案してきましたが、Aさんはもう少し治療を継続することを希望されていました

又、治療が終了しても後遺症が残ると思われ、後遺障害認定の手続きも知りたいと思われました。

Aさんは当事務所のホームページを見て相談に来られ、弁護士と面談後、この件の解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休