購入後1か月の新車に追突されむち打ちに、新車の評価損が争点になった事例 | 奈良の交通事故弁護士相談 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

車と車:追突の解決事例一覧

購入後1か月の新車に追突されむち打ちに、新車の評価損が争点になった事例

1.事故状況

Aさんが赤信号で停止していたところ後続の車に追突され、頚椎捻挫、頭部外傷の受傷となりました。

Aさんは整形外科で治療をしましたが、激しい頭痛が続きました。

2.相談のきっかけ

Aさんは物損・人損についての損害賠償の交渉を弁護士に任せたいと思い、当事務所のホームページを見て相談に来られました。

全てを見る

信号待ちで追突され、頸部挫傷・腰部挫傷の負傷、休業損害額が争点になった事例

1.事故状況

Aさんが交差点の信号待ちで停車していたところ追突され、Aさんは、頭部挫傷、腰部挫傷などの傷害を負いました

Aさんは事故後4か月のころに、加害者側保険会社から、あと1~2か月の治療で示談交渉にしたいと言われました。

2.相談のきっかけ

初めての交通事故でもあり、Aさんは自分で加害者側保険会社と示談交渉をするのに不安を覚え当事務所のHPを見て相談に来られました

全てを見る

渋滞で停止中、追突され前の車に玉突き衝突、頭部打撲・頚椎捻挫の傷害で14級の後遺…

1.事故状況

Aさんが交差点の信号待ちで停車していたところ、後方の車に強く追突され、前の2台に玉突きをして、意識を失うほどの衝撃を受けました。Aさんの車は大破し、Aさんは、頭部打撲、頸部捻挫、胸部・腹部打撲、左肩打撲の傷害を負い、一週間の入院を余儀なくされました。Aさんは顔面の痺れや、頸部・腰部に強い痛みを感じ治療を開始 その後もAさんは、首から肩・手にかけての痛み、耳鳴り、難聴に悩まされ治療を継続しました。

2.相談のきっかけ

Aさんは人損の示談交渉をどのように進めたらよいかを相談するために当事務所を訪問し、弁護士と面談の上加害者側保険会社との交渉を委任されました。

 

全てを見る

信号待ちで追突され、頸部挫傷・腰部挫傷の負傷、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが交差点の信号待ちで停車していたところ、後方より追突されました。Aさんの車は大破し、Aさんは頸部挫傷・腰部挫傷の傷害を負いましたAさんは顔面の痺れや、頸部・腰部に強い痛みを感じ治療を開始しました。

Aさんは、外傷性末梢神経障害でふらつき・めまい・耳鳴り・むかつき・うつに悩まされました

Aさんは薬疹が出るので鎮痛剤が使えず、医師の同意のもと鍼灸治療を受けて鎮痛を行っていました。事故から6ヶ月後に、加害者側保険会社はAさんに対し鍼灸治療の打ち切りを提示してきましたが、Aさんは医師の意見書を示して治療を継続していました。

2.相談のきっかけ

Aさんはもう少し治療を継続したいと思い、当事務所の弁護士と面談され加害者側保険会社との交渉を委任されました。

全てを見る

信号待ちで追突され外傷性頸部症候群、左胸部打撲、頸椎捻挫の傷害を負い、14級の後…

1.事故状況

Aさんが交差点の信号待ちで停車していたところ、運転手が携帯電話の画面に気を取られた車に殆どノーブレーキで追突されました。Aさんは衝突の衝撃で外傷性頸部症候群、左胸部打撲、頸椎捻挫の傷害を負いました。Aさんが停止した相手の車の運転手に声を掛け、車を道のわきに寄せていると加害車は逃走し、翌日警察に検挙されました。

Aさんは事故の直後は気が張っていて痛みを感じませんでしたが、翌日になって首の痛みや左手の痺れを感じたので、救急外来で治療を受け、その後も引き続き整形外科で治療を継続しました

2.相談のきっかけ

事故から半月後に、Aさんは当事務所のホームページを見て相談に来られました。弁護士と面談後、Aさんはこの事件の物損・人損についての解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

信号待ちで追突され頸椎捻挫、腰椎捻挫の負傷、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが交差点の信号待ちで停車していたところ、ノーブレーキの車に追突されました。Aさんの車は大破し、Aさんは頸椎捻挫、腰椎捻挫、口腔損傷の負傷をしました。

Aさんは救急受診し、引き続き整形外科で治療を継続しました。

2.相談のきっかけ

Aさんは以前から当事務所をご存じで、任意保険の弁護士特約にも加入されていたので、この事件の物損・人損についての解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

信号待ちで追突され、むち打ちや手足の痺れの症状、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが赤信号で停車していたところ、後方より追突されました。この事故でAさんは頸椎捻挫と診断され治療を受けました

2.相談のきっかけ

Aさんは整形外科に通い治療をしていましたが、事故後2ヶ月半で相手方の保険会社から治療の打ち切りを通告してきましたが、医師の方から「症状固定にはまだ早い。」と言って貰って半月ほど延ばして貰いました。しかしAさんとしてはまだ十分に回復していないのでもっと治療を続けたいと思い、当事務所のホームページを見て相談に来られました。

全てを見る

信号待ちで追突されむち打ちや腰部挫傷となり、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが赤信号で停車していたところ、後方より追突されました。この事故でAさんの車は大きく損傷し、Aさんは頚部挫傷、腰部挫傷の障害を負い、左顔面のしびれ、頚部や腰部に強い痛みを感じ、病院での治療を開始しました。

事故後6ヶ月で相手側保険会社は治療の打ち切りを通告してきましたが、Aさんは

医師の診断書を提出して、治療の継続を認めさせていました。

2.相談のきっかけ

Aさんはめまいや不眠が続き、今後の保険会社との交渉をどのように進めたらよいかがよくわからないので、当事務所のホームページを見て、弁護士に相談するために来所されました。

全てを見る

家族で乗っていた車が追突され、母親と子供が負傷した事例

1.事故状況

Aさんが子供2人と乗っていた車が信号待ちをしていたところ、後ろから来たトラックに追突されました

この事故で、運転していたAさんと助手席に乗っていた小学生のBさんが負傷しました。Aさんは頚椎捻挫・腰椎捻挫・胸椎捻挫と診断され、更に耳鳴りの症状が発生しました。

Bさんは頭部打撲、頚椎捻挫と診断されました。Bさんは、事故後暫く頭痛を訴えましたが、CTでの異常は見つかりませんでした。

2.相談のきっかけ

Bさんの治療が終了して、相手方保険会社との示談交渉が始まる前に、Aさんは今後の交渉について弁護士と相談したいと思い、当事務所のホームページを見て相談にこられました。

弁護士と面談の後、Aさんは自分の任意保険の弁護士特約を使って、今後の相手方保険会社との示談交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

赤信号で停止中に後続の車が追突し、頭部外傷、頚椎捻挫、右大腿挫傷の怪我を負った例

1.事故状況

Aさんが赤信号で停止していたところ、後ろから来た車が追突しました。

この事故で、Aさんは頭部挫傷、頚椎捻挫(むち打ち)、右大腿挫傷の怪我を負いました。6ヶ月の通院による治療の後、Aさんは症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

症状固定後、加害者側の保険会社が損害賠償額の提示をしましたが、Aさんにとっては非常に低い額でした。

Aさんは、自分の自動車保険の弁護士特約を使って、弁護士に依頼して今後の交渉を委任しようと思われ、当事務所を訪問されました。

全てを見る

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休