解決事例 | 奈良の交通事故弁護士相談 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

13~14級の解決事例一覧

赤信号で停止中、高速の車に追突され同乗者も負傷、二人が14級の後遺障害が認められ…

1.事故状況

Aさんが赤信号で停止中に時速60Kmでノーブレーキの車に追突されました。Aさんの車ははずみで玉突きとなり大破し、Aさんと妻のBさんは大きな怪我を負いました

Aさんは両側顎関節炎、腰椎捻挫、胸椎捻挫、外傷性頸部症候群、両肩関節捻挫、両股関節捻挫、右側内側側副靭帯捻挫の傷害を、Bさんは、頚椎捻挫、右手部挫傷、左前腕挫傷、右手部打撲、腹部打撲、外傷性頸部症候群、腰椎捻挫、胸椎捻挫、両肩関節捻挫等の傷害を負いました。

二人は整形外科での診療を続け、事故から9か月弱後に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故から8か月が経過したころ、加害者側保険会社から治療費支払終了の打診があり、Aさんは今後の加害者側保険会社との示談交渉の準備のことを考えて、当事務所のHPをご覧になり弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、Aさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

信号待ちで停車中、追突され頚椎・胸椎・腰椎捻挫、両股関節捻挫の負傷、14級の後遺…

1.事故状況

Aさん赤信号で停車していたところ、後ろから来た車に追突されました。追突の衝撃は非常に強く、Aさんの車は大きく損傷し、Aさんは外傷性頸部症候群、胸椎捻挫、両肩関節捻挫、右肋軟骨損傷、腰椎捻挫、両股関節捻挫の障害を負いました。

この事故でAさんは、頸部痛、腰痛、手足の痺れが続いたため、整形外科に通院して治療を続けました

2.相談のきっかけ

事故から3か月が経過したころ、加害者側保険会社が治療費支払いの打ち切りを打診してきました。Aさんは治療を続けたいと思い、当事務所のHPをご覧になり弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、Aさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

渋滞で停車中追突され、乗車していた二人が頚椎・腰椎捻挫の負傷、二人とも14級の後…

1.事故状況

AさんとBさんが渋滞で停車していたところ、後続の車に衝突されました。追突の衝撃が非常に強かったため、車は後部が大きく凹み損傷しました。

この事故でAさんとBさんは、頚椎捻挫、腰椎捻挫、の障害を負いました。二人とも後頚部痛、腰痛が続いたため整形外科に通い治療を続けました

2.相談のきっかけ

AさんとBさんは事故から3か月が経過したころ、当事務所のHPをご覧になり、HPの内容に信頼感を感じて弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、AさんとBさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

交差点を青信号で進行中、右側から進入してきた車に衝突され負傷、14級の後遺障害が…

1.事故状況

Aさんが交差点を青信号で進行中、T字路を直進していたところ、右側の道路から反対側にあるコンビニに向かおうとした車が右側面に衝突しました。

この事故でAさんの車は大きく損傷し全損となり、Aさんは頚椎捻挫、腰椎捻挫、の障害を負いました

Aさんは、首の痛み、腰痛、右手のしびれのため、整形外科に通院して治療を行いました。

2.相談のきっかけ

Aさんは事故から4か月が経過したころ、当事務所のHPをご覧になった家族の方の勧めで弁護士に相談にこられました。

弁護士と面談の後、Aさんは加害者側保険会社との今後の交渉を委任されました。

全てを見る

T字路を直進中、一時停止表示の車に衝突され頚椎捻挫・腰椎捻挫等の負傷をし、14級…

1.事故状況

 

AさんがT字路を直進していたところ、右側から一時停止の表示を無視した車が交差点に進入し、Aさんの車の右前面に衝突し、Aさんの車はさらに停車中の車に衝突しました。

この事故でAさんの車は大きく損傷し全損となり、Aさんは頚椎捻挫、腰椎捻挫、カ外傷性頸部症候群、両肩関節捻挫、両仙腸関節捻挫の障害を負いました

Aさんは、整形外科に通院し治療を継続しましたが、事故から3か月経過したころ、急性腰痛症、腰椎間板ヘルニアのため緊急入院をしました。退院後も続け、事故から7か月後に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

Aさんは事故から5か月が経過したころ、当事務所のHPをご覧になって弁護士に相談にこられました。

弁護士と面談の後、Aさんは加害者側保険会社との今後の交渉を委任されました。症状固定が間近な頃だったので、弁護士は後遺障害の被害者請求を視野に入れて、後遺症診断書やMRIの画像診断についてのアドバイスをしました。

全てを見る

渋滞で停車中追突され頚椎捻挫、腰椎捻挫、両肩捻挫の負傷し、14級の後遺障害が認め…

1.事故状況

Aさんが渋滞で停止していたところ、後ろから来た車に追突されました。この事故でAさんの車は大きく損傷し、Aさんは頚椎、腰椎、両肩関節、両膝関節を負傷しました

Aさんは、整形外科に通院し治療を続けました。

2.相談のきっかけ

Aさんは事故直後に、当事務所のホームページに事故事例が多く掲載されているのを見て、頼りになると思い弁護士に相談にこられました。

弁護士と面談の後、Aさんは加害者側保険会社との今後の交渉を委任されました。

Aさんは、整形外科で治療を続け、事故後6か月半で症状固定となりました。

全てを見る

交差点で直進中に信号無視の車に衝突され負傷し救急搬送され、14級の後遺障害が認め…

1.事故状況

Aさんが交差点で信号待ちをして、青信号になったので直進したところ、右側から赤信号を無視した車が交差点に高速で進入してきて、Aさんの車に衝突しました。

この事故でAさんの車は大破し、Aさんは頭部、頚椎、腰椎、腰部、臀部を負傷し、病院へ救急搬送されました

Aさんは、整形外科に通院し、治療やリハビリを続けました。

2.相談のきっかけ

Aさんは治療・リハビリを続けていましたが、事故から6か月経過したころ、加害者側保険会社が、症状固定として治療費支払いの打ち切りを伝えてきました

Aさんはまだ治療が必要と思っていたので、今後どのように対応すればよいかを弁護士に相談したいと思い、当事務所のホームページを見て弁護士に相談にこられました。

弁護士と面談の後、Aさんは加害者側保険会社との今後の交渉を委任されました。

全てを見る

赤信号で停車中、追突され頸部・腰部を捻挫、14級の後遺障害が認められた事例

1.事故状況

Aさんが赤信号で停車していたところ後ろから来た車に追突されました。追突の衝撃は非常に強く、Aさんは頸部捻挫・腰部捻挫の障害を負いました

Aさんは、整形外科に通院し治療を続けました。

2.相談のきっかけ

Aさんは治療を続けていましたが、事故から10か月経過して症状固定が間近となりました。Aさんは、症状固定後の加害者側保険会社との示談交渉について、弁護士に相談したいと思い、当事務所のホームページを見て弁護士に相談にこられました

弁護士と面談の後、Aさんは加害者側保険会社との示談交渉を委任されました。

全てを見る

バイクで走行中、センターラインを越えてきた車のミラーに接触し転倒、14級の後遺障…

1.事故状況

Aさんがバイクで走行中、対向車が駐車車両をよけるために中央線を越えてきてAさんのバイクに接触し、Aさんは転倒して腰を強打しました。

この事故で、Aさんは下肢、腰部、左胸部、右肘に打撲傷を負い、マフラーに接触した右足ふくらはぎにやけどを負いました

Aさんは病院へ緊急搬送された後、整形外科と皮膚科に通院し治療を行いました。

2.相談のきっかけ

Aさんは事故後すぐに当事務所のホームページを見て相談にこられ、弁護士に相談されました。

弁護士と面談の後、Aさんは加害者側保険会社との示談交渉を委任されました。

全てを見る

青信号で交差点を右折中、信号無視の車と衝突して14級の後遺障害を負った事例

1.事故状況

Aさんの車が信号待ちの後、青信号で右折をしていたところ、右側から信号無視の車が進入してきてAさんの車に衝突しました。

この事故で、Aさんは頭部、頚椎、胸部、右下肢、左肩、左上肢等に傷害を負いましたAさんは病院へ緊急搬送され、13日間入院後7か月間の通院治療の後に症状固定となりました

2.相談のきっかけ

事故後7か月のころ、加害者側保険会社から症状固定にして治療を終了して欲しいとの連絡がありました。

Aさんは今後の対応について弁護士に相談したいと思い、当事務所のホームページを見て相談に来られました。弁護士と面談の後、Aさんは加害者側保険会社との示談交渉を委任されました。

全てを見る

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休