自転車で横断歩道を走行中、車道を直進の車に衝突され負傷、14級の後遺障害が認定された事例 | 奈良の交通事故弁護士相談 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

13~14級の解決事例一覧

自転車で横断歩道を走行中、車道を直進の車に衝突され負傷、14級の後遺障害が認定さ…

1.事故状況

Aさんが横断歩道を自転車で走行中、道路を直進してきた車がAさんに衝突し、Aさんは自転車ごと転倒しました。

この事故でAさんは、頚椎歯突起骨折、第2頚椎椎弓骨折、左足関節脱臼骨折の障害を負いました。

Aさんは救急搬送されそのまま入院し治療を受けました。退院後は通院での治療を継続し、事故から1年後に症状固定になりました。

2.相談のきっかけ

事故から7か月後に、Aさんは知人に紹介されて当事務所を訪問され、弁護士に今後の示談交渉について相談されました。

Aさんは相談をしたのち、加害者側保険会社との交渉を弁護士に委任されました。

 

全てを見る

道路を直進中、左側の駐車場から出てきた車と衝突し負傷、14級の後遺障害が認定され…

1.事故状況

Aさんが道路を直進中していたところ、道路左側の店舗の駐車場から右折で対向車線に出ようとした車がありました。Aさんは自車が通り過ぎてから出るだろうと思っていたところ、その車がいきなり出てきたのでAさんは避けられず衝突しました。

この事故でAさんは負傷し救急車で搬送され、頸部症候群・胸椎捻挫と診断されました。Aさんは通院で治療を続け、事故から7か月後に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

Aさんが症状固定となったので、加害者側保険会社がAさんの後遺障害について自賠責調査事務所に後遺障害の事前認定を申請し、14級9号と認定されました。

加害者側保険会社はAさんと示談交渉を開始し、損害賠償金の提示をしました。

Aさんは、提示された金額が妥当かどうかの判断がつかないため、弁護士に相談するために当事務所に来られました。

Aさんは弁護士と面談し、事故からのいきさつや今後の対応について弁護士の意見を聞き、加害者側保険会社との示談交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

道路左側に停車していたところ、対向車が前方不確認で衝突して負傷、14級の後遺障害…

1.事故状況

Aさんが道路幅5mの道路で対向車に道を譲るため停車していたところ、対向車の運転手は後方を見ながら進行してきて、Aさんの車は正面から衝突されました。

この事故でAさんの車は大破し、Aさんは頚椎捻挫、腰椎捻挫、背部打撲傷の傷害を負いました。

Aさんは整形外科での治療を続け、事故から6カ月後に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

Aさんは事故から2か月後に当事務所を訪問して弁護士と面談され、今後の対応について当事務所の弁護士に委任されました。

全てを見る

赤信号で停車中、追突され頭部・頚部を負傷、14級の後遺障害が認められた事例

1.事故状況

交通事故事例162

Aさんが交差点において赤信号で停車していたところ後方から加害車両に追突されました。追突の衝撃は非常に強く、Aさんは頭部外傷、頸部症候群、胸椎捻挫、両肩関節捻挫の傷害を負いました。

この事故でAさんは、頚部~両肩~背中にかけての痛み、左腕及び左足の痺れがが継続したため治療を続けました。

6か月の治療の後、痛みやしびれが残ったままAさんは症状固定となりました。

 

2.相談のきっかけ

事故の1週間後に、Aさんは当事務所のHPを見て相談に来られました。Aさんにとっては、はじめての交通事故であったので、対応の仕方について弁護士に相談され、今後の加害者側保険会社との交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

道路わきスペースに停車中、後方から居眠り運転の車に衝突され負傷、14級の後遺障害…

1.事故状況

Aさんが道路わきのスペースにエンジンを切って停車していたところ、後ろから来た車が居眠り運転のため路外にはみ出しAさんの車の右前部に衝突しました。

この事故でAさんの車は自走できないほど損傷し、Aさんは頚椎捻挫、腰椎捻挫腰椎椎間板ヘルニアなどの傷害を負いました。

事故から4カ月後に、加害者側保険会社から治療費支払終了の通知が届きましたが、Aさんとしては治療を継続したいので、健康保険を使って通院を続けました。

Aさんは自費での治療を続けましたが、腰痛、左下肢痛・しびれが持続し、事故から1年2か月後に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

症状固定になったので、Aさんは加害者側保険会社との示談交渉について相談をするために、当事務所に来られました。

Aさんは弁護士と面談し、事故からのいきさつや今後の対応について弁護士の意見を聞き、自賠責への後遺障害等級請求手続きと示談交渉について、当事務所の弁護士に委任されました。

全てを見る

交差点を直進中、右折の対向車が見落としで急発進し衝突、頭部・頚部を負傷し14級の…

1.事故状況

Aさんが片側3車線の道路を直進し、交差点に進入したところ、対向車線から右折しようとしていた車がAさんの車を見落とし、急発進で進行してきたため、Aさんは相手方車両を避けきれずに衝突しました。

この事故で双方の車は大きく損傷し、Aさんは頸部挫傷・頸部捻挫の障害を負いました。

Aさんは項部~肩甲部の痛みが続き、通院での治療を行いましたが、事故後10カ月で症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故から4カ月ほどたった頃、Aさんは当事務所のホームページを見て、弁護士に相談に来られました。

Aさんは弁護士と面談し事故の対応を弁護士に委任されました。

全てを見る

渋滞で低速で走行中、後方より追突され頚椎捻挫、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが国道で渋滞のため先行者に追随して低速で進行していたところ、後方から追突されました。追突の衝撃は非常に強くAさんの車の左後部は大きく損傷し、100万円以上の修理費が発生するほどでした。

この事故で、Aさんは頚椎捻挫の傷害を負い、左腕腕、左肩、左足のしびれの症状が続き、左手の握力が低下しました。

Aさんは治療を継続しましたが、腕や肩の痺れは残り、事故から9カ月余りで症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故から3カ月ほどたった頃、Aさんは加害者側保険会社から治療の打ち切りを打診されました。

Aさんは怪我が完治していないので治療を継続したいと思われていました。また、症状固定のタイミングや示談交渉についても知りたいと思い当事務所の弁護士に相談されました。

弁護士に相談の後、Aさんはこの事故の対応について弁護士に委任されました。

全てを見る

渋滞で停車中、追突され頚椎や腰椎を負傷、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが渋滞のため停車していたところ、後方から来た車に追突されました。追突の衝撃は非常に強くAさんの車の後部は大きく損傷しました。

この事故で、Aさんは頚椎捻挫、腰椎捻挫、外傷性頸部症候群の障害を負いました。Aさんは頸部痛、腰部痛が続き整形外科へ通院して治療を続け、事故から7か月後に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故から3カ月ほどたった頃、Aさんは知人から当事務所を紹介され、弁護士に相談に来られました。相談後、Aさんは今後の対応を弁護士に委任されました。

全てを見る

渋滞で停車中に追突され負傷、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが渋滞で停車していたところ、後ろから来た車に追突されました。追突の衝撃は非常に強く、Aさんは外傷性頸部腰部症候群、右肩関節打撲の傷害を負いました。

この事故でAさんは、頚部痛、腰痛、腕のしびれ、右肩の痛みが続いたため、病院や医院での治療を継続しました

事故から約6か月後にAさんは症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故から3か月が経過したころ、Aさんは当事務所のHPを見て相談に来られました。弁護士と面談の後、Aさんは今後の加害者側保険会社との交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

バイクで走行中、前方の車が突然指示器を出し側道に左折したため転倒し負傷、14級の…

1.事故状況

Aさんがバイクで道路左側を走行していたところ、やや前方を走行していた車が突然指示器を出して側道に左折したため、Aさんのバイクはこれに巻き込まれて転倒し、Aさんは左手と右膝を道路で強打しました。

   この事故で、バイクは大きく損傷し、Aさんは左手部打撲傷、右膝部打撲傷、左大菱形骨骨折、左拇指挫傷等の傷害を負いました

Aさんは病院へ救急搬送され、治療を受けました。事故から7か月後にAさんは症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故から2か月後、Aさんはこの事故の示談や過失割合について詳しく知りたいと思いインターネットで検索して、当事務所のHPをご覧になりました。

Aさんは当事務所の弁護士に相談のため来所され、面談後にこの事故の示談交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休