解決事例 | 奈良の交通事故被害者救済サポート 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

車と車:追突の解決事例一覧

渋滞中に追突され、夫婦共に腰椎捻挫などの負傷、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんが渋滞で停止と発進を繰り返していたところ後方で追突事故が発生し、玉突き状態となった車がAさんの車に追突しました。

Aさんの車は大きく損傷し、Aさんと同乗していた配偶者のBさんは共に腰椎捻挫、腰部捻挫、背部痛などの傷害を負い、病院での治療を開始しました。

Aさんは、首・背中・腰の痛みが取れず長期の治療となり、8ヵ月余りの通院の後、症状固定となりました。

Bさんも首や肩の痛み、右手のしびれがとれず、Aさんと同時期に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故後1か月の頃、Aさんは当事務所のホームページを見て相談に来られました。AさんとBさんは整形外科での治療と並行して、整骨院での施療を続けることを希望されていて、弁護士にこの件の解決を委任されると共に、整骨院での施療継続の交渉を要望されました。

全てを見る

信号待ちで追突され頚椎捻挫、頭部打撲症などの負傷、14級の後遺障害が認定された事…

1.事故状況

Aさんが交差点において赤信号で停車中、後方から追突されました。Aさんの車は大きく損傷し、Aさんは頸部捻挫、頭部・両肩関節打撲傷、胸部打撲症、腰椎捻挫の傷害を負いました

Aさんは、首から肩にかけての強い痛み、頭痛等の症状が強いため整形外科での治療を続け、6か月間の治療を経て症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故後2か月の頃、Aさんは当事務所に相談に来られました。Aさんは自動車保険の弁護士特約を付けておられ、この件の解決を弁護士に委任されました

全てを見る

信号待ちで追突され、頸部捻挫、腰部捻挫の負傷、14級の後遺障害を負った事例

1.事故状況

Aさんが交差点で信号待ちをしていたところ、後方より坂道を下ってきたノーブレーキの車に追突されました。これはAさんの車両後部が大きく破損する大きな事故で、Aさんは頸部捻挫、腰部捻挫、胸椎捻挫、両肩甲部捻挫、両仙腸関節捻挫、末梢神経障害性疼痛の傷害を負いました

Aさんは整形外科で治療するとともに、主治医の許可を得て鍼灸院での治療も行いました。

1年以上に及ぶ治療を経て、Aさんは症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故後1年を経過した頃、加害者側保険会社が治療の打ち切りを提案してきましたが、Aさんはもう少し治療を継続することを希望されていました

又、治療が終了しても後遺症が残ると思われ、後遺障害認定の手続きも知りたいと思われました。

Aさんは当事務所のホームページを見て相談に来られ、弁護士と面談後、この件の解決を弁護士に委任されました。

全てを見る

信号待ちで追突され、むち打ちや腰部挫傷の傷害を負い、14級の後遺障害を認定された…

1.事故状況

Aさんが交差点で信号待ちをしていたところ後方から追突され、そのはずみでAさんの車は前方の車に追突しました。Aさんはこの事故で、頸部捻挫、腰部挫傷の負傷をしました

Aさんの首から後頭部にかけて強い痛みを感じ、整形外科での治療を続けました。

2.相談のきっかけ

事故後4か月のころ、加害者側保険会社はAさんに治療費支払いを打ち切ると通告してきました。Aさんは首の痛み・腰痛・吐き気・頭通に悩まされ、症状が改善していないのでもう少し治療続けたいと思い、当事務所のHPを見て相談に来られました

Aさんは弁護士と面談して、自動車保険の弁護士特約を利用して、以後の加害者側保険会社との示談交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

信号待ちで追突され、むち打ちや頭部・腰部の打撲の負傷、14級の後遺障害を負った事…

1.事故状況

Aさんが交差点で信号待ちをしていたところ、後方から追突されました。Aさんはこの事故で、頸部捻挫、腰部打撲、両肘・右膝挫傷などの負傷をしました

Aさんの首から後頭部にかけて強い痛みを感じ、腰部・右膝の痛みも強く整形外科での治療を続けました。

2.相談のきっかけ

事故後6か月のころ、加害者側保険会社は1か月後に治療費支払いを打ち切ると通告してきました。Aさんはもう少し治療続けたいと思われ、当事務所のHPを見て相談に来られました

Aさんは弁護士と面談して、以後の加害者側保険会社との示談交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

追突事故の2年半後に再度追突され頚椎捻挫の負傷、当事務所が再び示談交渉を行った事…

1.事故状況

Aさんが信号待ちで停止中、後ろから来た車に追突されました。Aさんは頚椎捻挫と腰痛で半年間治療を受け症状固定しました

2.相談のきっかけ

Aさんは前の事故の示談交渉を当事務所に委任され、結果に満足された経験から、事故の直後に電話で当事務所に連絡され、この事故の解決を弁護士に委任されました

全てを見る

6か月の間に2回の追突事故に遭い、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんは赤信号で停止していたら、後方から来た車に追突されました。この事故でAさんは頚椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負い、仕事を2か月休業しました

頸部と左手の痺れがひどく、病院で治療しながら仕事に復帰した直後、再び停車中に追突されました。この事故で、Aさんは再度頚椎捻挫、腰椎捻挫、両足部打撲の傷害を負い、頸部痛と首から左手にかけての痛みや痺れがひどくなりました

Aさんは再び2か月以上仕事を休まざるを得ませんでした。Aさんは治療を継続し、最初の事故から1年3か月後に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

最初の事故の4か月後に、Aさんは以前に当事務所で交通事故の解決を委任された知人の紹介で相談に来られました。

Aさんは加害者が任意保険に加入していないため、どのように示談交渉を進めるべきかアドバイスを得たいと思っておられました。Aさんは弁護士と面談の後、この事故の示談交渉を自動車保険の弁護士特約を使って委任されました

弁護士が委任を受けて加害者との交渉の準備を開始した矢先、Aさんは再び追突事故に遭い、この事故の解決も弁護士に委任されました。

 

全てを見る

3か月の間に2回の追突事故に遭い、14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさんは赤信号で停止していたら、ノーブレーキの車に追突されました。頚椎捻挫、過換気症候群と診断され治療を続けていたところ、3か月後に再び渋滞で停車中に高速度の車に追突されました

この事故でAさんは再度頚椎捻挫の障害を負い、頸部痛と頭痛がひどくなり仕事も休まざるをえなくなりました。

2.相談のきっかけ

最初の事故の1か月後に当事務所をホームページで調べて相談に来られました。Aさんにとって、加害者側の保険会社との交渉は精神的に大きな負担になるので、弁護士と面談の後この件の解決を弁護士に委任されました。

Aさんにとって予期しない2度目の事故が発生したので、Aさんはこの件の解決も弁護士に委任されました

全てを見る

高速道で追突され、頚椎捻挫・左手関節捻挫の障害を負った事例

1.事故状況

Aさんが高速道路を走行していたところ、右側車線の車がAさんの車に追突しました。この事故でAさんの車は損傷し、Aさんは頚椎捻挫・左手関節捻挫の負傷をしました

Aさんは整形外科で投薬・理学療法などの治療をおこないました。

2.相談のきっかけ

加害者側保険会社は、最初からこの事故についての交渉を弁護士に委任することをAさんに通知してきました。Aさんは交渉相手が弁護士であれば、自分も弁護士を代理人にした方が良いと判断され、当事務所をホームページで知り、弁護士に相談に来られました。

Aさんは人損・物損に対して十分な補償を受けたいと思われ、弁護士と面談の後、自動車保険の弁護士特約を使って、相手方との交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

赤信号で停止中に居眠り運転の車に追突され、夫婦とも頚椎捻挫、頭部打撲などの怪我を…

1.事故状況

Aさんが赤信号で停止していたところ、居眠り運転の車に追突されました。Aさんと同乗していた配偶者(Bさん)は二人とも、頸部捻挫及び肩や頭部の打撲傷を負いました

2.相談のきっかけ

事故後3ヶ月程経った頃、加害者側保険会社は治療の打ち切りと和解を伝えてきました。Aさんはもう少し治療を継続したいと思われ、弁護士と相談するため、インターネットで弁護士事務所を調べられました。Aさんはホームページで当事務所のことを知って相談に来られました

Aさんは弁護士と面談し、直ちに事故の損害賠償についての示談交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休