右折のため停止していたところ後続車が追突され、玉突きとなり負傷、14級の後遺障害が認定された事例 | 奈良の交通事故弁護士相談 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

車と車:追突の解決事例一覧

右折のため停止していたところ後続車が追突され、玉突きとなり負傷、14級の後遺障害…

1.事故状況

Aさんが右折レーンで前車に続いて停止していたところ、後方からブレーキとアクセルを踏み間違えた車がAさんの後続車に追突しました。後続車は玉突き状態となりAさんの車に激突しました。

   この衝撃でAさんの車は大きく損傷し、Aさんは頚椎捻挫、胸椎捻挫、右棘上筋断裂、右肩関節捻挫などの傷害を負いましたAさんは整形外科医院で治療を続けましたが、事故から7か月後に頸部痛、右肩痛、背部通などを残したまま症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故から2週間後にAさんは当事務所のHPを閲覧され、相談に来られました。加害者が高齢者であり話が通じないことや、今後の加害者側保険会社との示談交渉に不安があったので弁護士の助言を求められました。

弁護士との面談の結果、Aさんは今後の相手方との交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

高速道路の渋滞最後尾の助手席で熟睡中に追突され負傷、14級の後遺障害が認定された…

1.事故状況

Aさんの車が高速道路の渋滞で停車したところ、後続車がブレーキとアクセルを踏み間違え高速で追突しました。助手席で熟睡中のAさんはいきなりの衝撃で、頚椎捻挫、頚椎椎間関節炎、腰椎捻挫、腰椎椎間板損傷、坐骨神経炎の傷害を負いました

Aさんは整形外科へ通院し治療を続け、事故から9カ月後に症状固定となりました。

 

2.相談のきっかけ

事故のすぐ後に、Aさんはインターネットを検索し、当事務所のHPを閲覧して訪問されました。

Aさんは、弁護士と面談をして、この事故の示談交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

赤信号で停車中追突され負傷、14級の後遺障害が認定されたが損害賠償金額を巡り裁判…

1.事故状況

Aさんが赤信号で停車していたところ、後続車に追突されました。追突の衝撃は非常に強く、Aさんの車は後部がおおきく凹んで、リアパネル、リアフロアなどの構造部分まで損傷しました。

Aさんは頚椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を受け、長期に渡り整形外科に通院し治療を余儀なくされ、事故から9カ月後に症状固定となりました

2.相談のきっかけ

Aさんは知人から紹介を受けて、事故直後に当事務所の弁護士に相談に来られました。Aさんは任意保険の弁護士特約に加入しておられたので、弁護士と面談してから、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました。

全てを見る

道路に面した店舗に入るため減速したところ後ろの車に追突され負傷、14級の後遺障害…

1.事故状況

Aさんが道路左側の店舗敷地に入るため減速したところ、後ろから来た車に追突されました

Aさんは、頚椎挫傷、肩甲部挫傷、右肩関節周囲炎の傷害を負いました。この事故でAさんは、右首から肩への痛みが残り、右手が上がらない等の症状が続き、整形外科での治療を続けましたが、事故から7か月後に症状固定しました。

2.相談のきっかけ

事故から2か月後に、Aさんは前に当事務所のホームページを見て、弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、Aさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

自動車道出口の渋滞で停止中に追突され負傷、11級の後遺障害が認定され、交通事故紛…

1.事故状況

Aさんが自動車道の出口で渋滞のため最後尾で停止していたところ、後ろから来た車が脇見運転のため時速70Kmで追突しました。

Aさんは外傷性頸部症候群、頚肩腕症候群、頚椎椎間板ヘルニア、下肢閉塞性動脈硬化症、末梢神経障害性疼痛などの傷害を負いました。

事故後徐々に手、腕、足に痺れが生じ、歩行障害も発生したので頚椎椎間板ヘルニアについての手術を受けました。その後はリハビリを続け、頸部痛、上腕の痺れ、肩に痛みを残したまま、事故後2年3か月後に症状固定となりました。

 

2.相談のきっかけ

事故の後、Aさんは当事務所のホームページを見て、弁護士のコメントが良かったので、弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、Aさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

赤信号で停止中追突され玉突きとなり負傷、頚椎捻挫・腰椎捻挫で14級の後遺障害が認…

1.事故状況

Aさん赤信号で停車していたところ、後ろから来た車に追突されました。追突の衝撃でAさんの車は前進し、前の停止車両に2回追突する事故になりました。

追突の衝撃は非常に強く、Aさんの車は大破し、Aさんは頭部外傷、頸部捻挫、外傷性頸部症候群、腰椎捻挫の傷害を負いました。

この事故でAさんは、頸部痛、腰部痛等が続いたため、整形外科に通院して治療を続け、事故から6か月半後に症状固定しました

2.相談のきっかけ

事故から3週間が経過したころ、Aさんは前に当事務所で交通事故の示談交渉を依頼された方の紹介を受けて、当事務所の弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、Aさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

赤信号で停止中追突され負傷、頚椎捻挫・腰椎捻挫で14級の後遺障害が認定された事例

1.事故状況

Aさん赤信号で停車していたところ、後ろから来た車に追突されました。追突の衝撃は非常に強く、Aさんは頸部捻挫、腰部捻挫、頭部打撲傷の傷害を負いました。

この事故でAさんは、後頸部痛、腰痛が続いたため、整形外科に通院して治療を続けました

2.相談のきっかけ

事故から2か月が経過したころ、Aさんは前に当事務所で交通事故の示談交渉を依頼された方の紹介を受けて、当事務所の弁護士に相談に来られました。

   弁護士と面談の後、Aさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

赤信号で停止中、高速の車に追突され同乗者も負傷、二人が14級の後遺障害が認められ…

1.事故状況

Aさんが赤信号で停止中に時速60Kmでノーブレーキの車に追突されました。Aさんの車ははずみで玉突きとなり大破し、Aさんと妻のBさんは大きな怪我を負いました

Aさんは両側顎関節炎、腰椎捻挫、胸椎捻挫、外傷性頸部症候群、両肩関節捻挫、両股関節捻挫、右側内側側副靭帯捻挫の傷害を、Bさんは、頚椎捻挫、右手部挫傷、左前腕挫傷、右手部打撲、腹部打撲、外傷性頸部症候群、腰椎捻挫、胸椎捻挫、両肩関節捻挫等の傷害を負いました。

二人は整形外科での診療を続け、事故から9か月弱後に症状固定となりました。

2.相談のきっかけ

事故から8か月が経過したころ、加害者側保険会社から治療費支払終了の打診があり、Aさんは今後の加害者側保険会社との示談交渉の準備のことを考えて、当事務所のHPをご覧になり弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、Aさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

信号待ちで停車中、追突され頚椎・胸椎・腰椎捻挫、両股関節捻挫の負傷、14級の後遺…

1.事故状況

Aさん赤信号で停車していたところ、後ろから来た車に追突されました。追突の衝撃は非常に強く、Aさんの車は大きく損傷し、Aさんは外傷性頸部症候群、胸椎捻挫、両肩関節捻挫、右肋軟骨損傷、腰椎捻挫、両股関節捻挫の障害を負いました。

この事故でAさんは、頸部痛、腰痛、手足の痺れが続いたため、整形外科に通院して治療を続けました

2.相談のきっかけ

事故から3か月が経過したころ、加害者側保険会社が治療費支払いの打ち切りを打診してきました。Aさんは治療を続けたいと思い、当事務所のHPをご覧になり弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、Aさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

渋滞で停車中追突され、乗車していた二人が頚椎・腰椎捻挫の負傷、二人とも14級の後…

1.事故状況

AさんとBさんが渋滞で停車していたところ、後続の車に衝突されました。追突の衝撃が非常に強かったため、車は後部が大きく凹み損傷しました。

この事故でAさんとBさんは、頚椎捻挫、腰椎捻挫、の障害を負いました。二人とも後頚部痛、腰痛が続いたため整形外科に通い治療を続けました

2.相談のきっかけ

AさんとBさんは事故から3か月が経過したころ、当事務所のHPをご覧になり、HPの内容に信頼感を感じて弁護士に相談に来られました。

弁護士と面談の後、AさんとBさんは任意保険の弁護士特約を使い、加害者側保険会社との今後の交渉を弁護士に委任されました

全てを見る

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休