飲酒運転による交通事故の法的責任と補償請求方法を弁護士が解説! | 奈良の交通事故弁護士相談 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

コラム(の記事一覧)

飲酒運転による交通事故の法的責任と補償請求方法を弁護士が解説!

2024.03.15
飲酒運転は極めて危険で悪質性が高く、事故の有無に関わらず処罰対象ですが、人身事故を起こした場合は重い刑罰を受けます。 損害賠償額が増額されることもありますが、被害者の方が適正額を受け取るためには、相手保険会社と示談するケースが多いです。 そこで今回は、高の原法律事務所の坪田弁護士に、飲酒運転の加害者が負う法的責任と相手保険会社への補償請求のポイントについて聞きました。   飲酒運転で交通事故を起こすと重い刑罰...

交通事故と「むちうち」 ~ 被害者が直面する課題と求められるサポートとは【弁護士解説】

2023.10.19
交通事故がきっかけで「むちうち」に悩む方は少なくありません。 しかし、その症状は画像診断で明確にはわからないことも多く、保険会社との交渉で被害者が苦戦するケースもあるようです。 本記事では、むちうち被害の実情や保険会社との交渉のポイントなどについて、坪田弁護士にインタビュー。 事故の被害者が知っておくべき情報を徹底解説します。   事例 半年前、車で信号待ちをしている際に追突事故に遭遇しました。 事故直...

弁護士と行政書士の違い

2022.01.13
被害者が、加害者(もしくは相談者が加入している保険会社)から、より高額で、より適切な損害賠償を得るためには、行政書士ではなく、弁護士が適任です。   その理由は下記の通りです。   1 行政書士は、示談交渉ができません   行政書士は、依頼者の求めに応じて、交通事故に関する書類の作成や示談書を作成することはできます。   しかし、行政書士は、被害者...

当事務所の解決事例はこちら

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休