自賠責と任意保険 / 奈良の交通事故被害者救済サポート 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

コラム

自賠責と任意保険

2019.08.31

 交通事故で被害者となって怪我をした場合、相手方へ治療費等の請求をします。この時、自動車保険として、自賠責保険と任意保険が関係してきます。

 「自賠責保険」というのは、自動車を所有する場合は、必ず付けなければならない強制加入保険のことです。自賠責保険では、当該自動車が加害事故を起こした場合、被害者に対して傷害の場合は最大120万円を限度とした支払いが行われます。この支払い内容は、自賠責基準に基づいた内容となり、治療費の外、通院交通費、通院日数で算定される慰謝料、休業したことによる休業損害などが含まれます。

 これに対し、「任意保険」というのは、自賠責保険の上乗せとして付けられる保険です。自賠責保険が「強制保険」と呼ばれるのに対し、こちらは「任意保険」と呼ばれます。

任意保険では、自賠責保険における傷害の補償範囲が上限120万円であることから、これ以上の相手方への補償が必要となる場合に備えて保険に加入します。通常、「対人・対物:無制限」という内容で加入することが多いと思います。

任意保険では、被害者に対する損害賠償のうち、自賠責保険では支払われない部分について補償することになります。従って、手術により治療費がかさんだり、治療期間が長くなったとしても、相当な範囲までの補償を受けられることになります。

 このように、自動車の保険については、自賠責保険の上に任意保険に加入する2階建ての構造となっており、一般的には自動車は両方の保険に加入しているケースが多いです。

 任意保険がついている場合は、通常は任意保険が一括して被害者の治療費などを支払い、後で支払った分を自賠責保険に回収していくことになります。このような任意保険による一括した対応を「任意一括対応」と呼びます。

 しかし、任意保険がついていない場合は、被害者の治療費は保険対応してもらえないことから、被害者がまず治療費を支払って、それを加害者本人に請求するか、自賠責保険に直接請求することになります。いずれも手間がかかり、特に加害者と直接交渉するのは精神的にもストレスがかかるため、被害者にしてみれば、二重に迷惑を被ることになります。

当事務所の解決事例はこちら

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休