状況別【事故直後】 / 奈良の交通事故被害者救済サポート 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

状況別【事故直後】

1事故直後の場合

交通事故が発生すると、突然の出来事にショックを受けてしまいます。
ショックも冷めやらぬうちに、警察の実況見分や事情聴取が行われます。また、乗っていた車が損傷して無残な姿になり、修理が必要となります。ひどい場合は、車体の骨格がゆがんだりして全損状態となります。車の損傷部分はもちろん、事故で壊れたものがあれば、すべて写真を撮っておきましょう。
身体もケガをして、むちうちの場合は頚や腰が痛くなり、骨折の場合は手術が必要になってきます。治療は通常は数ヶ月から半年ほどにわたり、通院する日々が続きます。

追突事故であれば過失割合は100:0ですが、それ以外の場合は過失割合で相手方ともめることもあります。

このように、事故が発生すると、肉体面でも精神面でもダメージを受けます。相手方に任意保険会社がついていれば、具体的には保険会社の担当者と協議をすることになりますが、相手方の車が自賠責保険だけで任意保険に加入していない場合は、相手方とそれらの協議をしていく必要があります。そして、相手方の資力によっては十分な賠償を受けられないこともあります。

事故の被害者は、事故の発生した後もこのようなダメージを受け、二重三重に苦しむことになります。

弁護士に依頼した場合

しかし、このような場合でも、早期に弁護士に依頼することで、車の修理や過失割合の交渉も自分に変わってしてくれ、今後の進め方について見通しがつき、安心して治療に専念することができます。

当事務所の解決事例はこちら

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休