骨折の分類 / 奈良の交通事故被害者救済サポート 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

骨折

骨折の分類

交通事故で、骨折が生じることがありますが、以下のような分類ができます。

1 部位による骨折の分類

(1)長骨の骨折
①骨幹部骨折
  骨幹部を骨折したもの
②骨幹端部骨折
  骨幹部の端部分を骨折したもの
③骨端部骨折
  長骨の端部分を骨折したもの
(2)関節内骨折
  骨折線が純粋に関節内に限られる骨折
(3)脱臼骨折
  脱臼に骨端部骨折を合併するもの

2 外力の作用方向による骨折の分類

(1)屈曲骨折
   骨に直達あるいは介達的に屈曲力が加わって生じます
(2)圧迫骨折
   縦軸方向の圧迫力による骨折で、脊椎椎体骨折に代表されます。
(3)剪断骨折
   剪断力により生じる骨折です。
(4)捻転骨折
   体重をかけたまま上体を捻った場合や、投球動作などで強い捻転力が上腕骨に加わった場合に生じます。
(5)裂離骨折
   筋肉の瞬間的な収縮によって生じる骨折です。

3 骨折線の走行による骨折の分類

(1)横骨折
(2)斜骨折 
(3)螺旋骨折
   捻転骨折は螺旋骨折になりやすい性質があります。
(4)粉砕骨折
   骨折線が複数存在し、骨片の多いものをいいます。

骨折に関する記事一覧

当事務所の解決事例はこちら

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休