股関節部の骨折・脱臼 / 奈良の交通事故被害者救済サポート 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

骨折

股関節部の骨折・脱臼

自動車の座席に座っていて正面衝突の交通事故で衝撃を受けた時など、はずみで膝が強くダッシュボードに打ち付けられて、股関節部を骨折したり脱臼することがあります。

1 股関節脱臼・骨折

座っている状態で、前方から強い外力を受けると、大腿骨頭が関節包を突き破り、後方へ押し上げられます。この時、股関節の後方脱臼が生じます。
脱臼時、大腿骨頭の骨折を伴うこともあり、この場合は股関節脱臼骨折となります。
脱臼により、痛み、腫れが生じます。
レントゲンで、脱臼や骨折の確認をします。
<治療>
できるだけ早く整復を行います。脱臼と同時に骨折を伴っている場合は、おおむね手術が行われます。

2 大腿骨頸部骨折

大腿骨のうち、大腿骨頸部の骨折をいいます。骨折部が関節包の内側であれば内側骨折、関節包の外側であれば外側骨折といい、高齢者が交通事故で転倒した際に頻発します。
骨折すると、激痛と腫れが出て、起立不能となり、可動域や運動が制限されます。大腿骨頸部骨折の内側骨折は、最も癒合しにくい骨折としても有名です。
レントゲンで、骨折の診断をします。
<治療>
ほとんど転位がない場合はベッド上の安静による保存療法となりますが、基本的に観血的手術で固定が行われ、場合によっては大腿骨骨頭の人工骨頭置換術が行われます。
高齢者の場合は、長期間ベッド上の安静となると、そのまま寝たきりになってしまう可能性があるため、早期離床と歩行を行うことが重要となります。 

3 大腿骨転子下骨折

大腿骨のうち、大腿骨の小転子部から5㎝までの骨折をいいます。交通事故で大きな衝撃を受けた場合、若年者に頻発します。

骨折すると、激痛と腫れが出て、起立不能となり、可動域や運動が制限されます。
レントゲンで、骨折の診断をします。
<治療>
治療は、多くは手術が行われます。

骨折に関する記事一覧

当事務所の解決事例はこちら

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休