骨折の症状 / 奈良の交通事故被害者救済サポート 高の原法律事務所

交通事故に強い弁護士に無料相談!

  • 0742-81-3677受付時間 平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールでのお問い合わせ

骨折

骨折の症状

交通事故で受傷し骨折が生じた場合、以下のような症状が出てきます。

1 全身症状

通常の骨折では全身がショックに陥ることは稀ですが、大きな交通事故で損傷が高度で大量出血を伴う場合や、骨盤や大腿骨の骨折で転位(ズレ)が大きいばあは、出血性ショックに陥ることがあります。

骨折の程度に比較して全身ショックが大きく、悪化する場合は、他の内臓損傷、特に肝臓や脾臓などの腹部臓器も損傷している可能性があります。

2 膨脹

骨折後は、血腫と炎症による浮腫により骨折部は膨脹します。受傷後3日までが最も膨脹が著しくなります。

3 疼痛、圧痛

骨折部には自発痛があり、骨折部を動かすと疼痛が増大します。

4 機能障害

骨折が起こると、身体を動かす力が正常に伝達されず、また骨折の痛みも伴うことから、骨折した部分を動かせず、機能障害が生じます。特に関節内骨折では、関節血症による著しい膨脹が生じ関節運動が制限されます。

5 変形

転位(ズレ)の状況により、骨の回旋、屈曲、短縮などの様々な変形がみられます。

6 異常可動性

完全骨折では、骨が折れることでその部分が異常な可動をすることになります。

骨折に関する記事一覧

当事務所の解決事例はこちら

高の原法律事務所

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

0742-81-3677

まずは無料相談をご利用ください。電話での相談も行っております。

  • 0742-81-3677電話受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • メールで相談予約をする24h年中無休